2021.07.27

気をつけて!「損得で相手を選ぶ人」が失敗すること4選って?

この人と付き合うとこういうところで得をするなどのように損得勘定で相手を選ぶ人がいます。好きだから付き合うという素直な気持ちはどこに行ってしまったのでしょうか。

ただ、損得で相手を選んでいると、それが原因で失敗することもあると言われています。
何を失敗するのかについて紹介しますね。
損得で相手を選んだ人は、その相手の得の部分を愛しています。自分では、その人自身を愛している気分になるときもありますが、得の部分が分からなくなるとすぐに愛情が冷めるのも感じるでしょう。

結果的に恋愛をしていたのではなく、得する部分にだけ惹かれてくっついていただけということになります。愛情とは何なのか分からなくなる結果になる可能性もありますよ。自分がむなしくなることもだんだんと分かってくるはずです。
損得で人を見ている人は、発言がえぐいことがあります。例えば「〇〇くんは将来有望だから付き合ってもいい......」と誰かに言ったことが本人に伝わることもあるでしょう。

そうなると、狙っていた相手が自分の元から逃げていき、避けられてしまうことも考えられます。せっかく得が多い人を見つけて頑張りたいと思っても損得判断がバレると避けられるでしょう。
損得で相手を選んでいると、相手のことばかりが目につくようになります。自分の欠点が見えなくなって改善できないため、自分の成長はまるでありません。

しかし、自分には見る目があると思っているでしょう。恋愛相手からすると「成長しない人というよりは成長できない人」と思えてしまうため、あなたが自分で選んだ相手から振られることもありますよ。
損得で相手を選ぶ人は、得が多い相手を選んだときに人に自慢してしまう傾向があります。また、友人の彼氏まで損得で見てジャッジするところがあるため、友人に嫌われることもあるでしょう。

損得で選ぶ癖がついていると、誰を見ても損得でしか見れなくなります。友人のことまでそんな風に見て自分の周りにいる人を限定させてしまうため、結果的に一人になることもあるでしょう。
損得をつい見てしまう気持ちも分かりますが、素直に好きになれる人を選ぶほうが幸せになれるでしょう。損得を考えていると心が落ち着きません。心が穏やかになれる相手と一緒にいたほうがいいですよ!(みいな/ライター)


(ハウコレ編集部)

関連記事