2021.07.27

本当はどうしたいの?遠慮しすぎると男性に愛されない理由とは?

異性に対して遠慮してしまうことって多々ありますよね。好きな気持ちはあってもまだ付き合っていない人や、恋愛目的で出会ったけどまだ慣れていない人には遠慮する気持ちがあるでしょう。

また、嫌われたくないから遠慮してしまうこともあるはずです。しかし、遠慮しすぎる行為というのは男性から愛されない理由になるとも言われていますよ。なぜ愛されなくなるのかについて紹介します。
遠慮ばかりしていると、相手に頼るのが下手、甘えるのが下手になってしまいます。そのため、強がっているだけで可愛げがない女性に見えてしまい、男性からは愛されません。

少しの遠慮なら配慮に見えますが、何もかもを遠慮しすぎていると男性にとっても面白くないのです。「なんで頼れないのかな?」と不思議な気持ちを男性に持たせてしまうでしょう。
遠慮しすぎることで、男性は「避けられているのかな?」「せっかくしてあげたいと思っているのにな......」などのように自分の好意を受け取ってもらえないことにガッカリしてしまいます。

その結果、男性の気持ちも盛り上がらないですし、男性からはあなたの気持ちも盛り上がっていないと判断されてしまうでしょう。本当は好きになっているときはとても勿体ないことですよね。
遠慮ばかりしている人を見ていると、本当は何を考えているのか分からないとか、素が見えないのが怖いと思ってしまいませんか?男性は女性の素が見えないことに戸惑いを感じやすいものです。

そのため、遠慮ばかりしていると「もう分からないから考えるのも嫌になった!」と恋愛を放棄されてしまう可能性もありますよ。
恋愛で遠慮しすぎていると、自分からも相手からも距離を縮めることができません。相手は、あなたとの距離を縮めようとして頑張っていたとしても、あなたが遠慮することで「これ以上踏み込めない......」と思ってしまうのです。

その結果「多分いい人なんだろうけど......」という理由で恋愛が終わってしまうことも考えられるでしょう。距離が縮まらないまま時間だけ経つということもありそうですね。
時には男性に遠慮することも必要ですが、遠慮しすぎるのは逆効果になってしまいます。適度に甘える気持ちも持って男性に接することで愛され上手になりますよ!(みいな/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事