2021.07.29

むしろ逆効果かも...女性がやりがちな【勘違いアプローチ】とは?

好きな人に対しては急に告白をするのではなく、緩急をつけながらアプローチをつけて距離を縮めていくという人が多いのではないでしょうか。そうしたアプローチが効果を発揮すれば、相手から告白してくれるかもしれません。しかし、中には逆効果になってしまうようなアプローチも存在しています。女性がやりがちな勘違いアプローチにはどのようなものがあるのかチェックしてみましょう。
男性といえば色気に弱い存在だと思っている女性は多いでしょう。しかし、だからといって露出してアプローチをすれば落とせるわけではありません。むしろ、軽くて男慣れしている女性として誤解されてしまう恐れがあります。遊び相手が欲しい時は、露出したり胸を押し付けたりするアプローチも効果的ですが、本命になってほしい男性にはやめるようにしましょう。
女性はLINEでの連絡を重視します。そのため、既読無視や未読無視、思わせぶりなスタンプなどを送って男性にアプローチをする人は多いでしょう。しかし男性の場合、LINEは単なる連絡手段なのでアプローチされても気付かない人が多いと言われています。そのため既読・未読無視は面倒だとしか思われず、思わせぶりなスタンプにも気付かれないかもしれません。言いたいことが分からず面倒だと思われるリスクすらあるので注意してください。
露出したアプローチと同じように、ボディタッチもおすすめできません。以前は有効なアプローチとして知られていましたが、最近では「女性のアプローチといえばボディタッチ」というほど知られているため、意図がバレバレになってしまうでしょう。ボディタッチするくらいなら告白してくれれば良いのに、とがっかりさせてしまう恐れもあります。特に不自然なボディタッチは露出したアプローチ同様に引かれる可能性が高いので、絶対にやめましょう。
勘違いしたアプローチは効果がないだけではなく、嫌われる原因になってしまう恐れすらあります。好きな人にアプローチをする際には、定番の方法ではなくその好きな人の性格や好みに合わせたアプローチをするようにしましょう。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事