2021.07.29

【遠距離】だけど「自然消滅」は絶対にヤダ!それならすべきことは?

遠距離恋愛だと、自然消滅のリスクが高まります。普段から連絡などもあまりしないようなめんどくさがりの彼氏の場合、自然消滅のリスクはさらに高くなるでしょう。学生などに多いと言われている自然消滅ですが、彼氏の性格によっては、お互いに結婚を考えるような年齢でも自然消滅になる可能性はあります。しかし自然消滅は、次の恋愛に進みづらい最悪の別れ方です。では、万が一別れる場合でもそんな自然消滅を避けるためにはどうすれば良いのでしょうか。しておくべきことをチェックしましょう。
彼の友達に紹介してもらい、共通の友達を増やしておけば自然消滅のリスクを下げることができるでしょう。万が一彼から連絡が来なくなった場合でも、彼の友達に様子を聞くことができます。そのため、理想としては彼の友達と個人的な連絡先を交換する仲になることです。遠距離になる前に彼の女友達に紹介してもらい、気が合いそうなら連絡先を交換しておくと良いでしょう。
彼がSNSをやっているのなら、そこで繋がりを持つのもおすすめです。普段からSNS上で積極的に絡まなくても、遠距離ならSNSでお互いの様子が分かるというメリットもあります。TwitterやInstagramなど匿名で行う人が多いSNSではなく、名前や顔を出して使う人が多いFacebookがおすすめです。そうすれば簡単にアカウントを消すこともないため、自然消滅のリスクを下げることができるでしょう。
しっかりとした仲になればなるほど、自然消滅がしづらくなります。そのため、遠距離になることが分かったら、その時点でお互いの実家に遊びに行っておくのもおすすめです。正式な挨拶ではなくても、実家に挨拶をしておくことで実家の場所も分かりますし、付き合いに責任感も生まれること間違いなしです。
遠距離恋愛は、お互いの生活時間が合わずに自然消滅になるリスクの高い恋愛です。別れる場合でも絶対に自然消滅は嫌だという人は、相手との繋がりを多く持っておくことで自然消滅できないように対策しておきましょう。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事