2021.07.29

今までは来てたのにどうして?【毎日のLINE】をしなくなる男性心理

付き合っていなくても、良い雰囲気の男女は毎日LINEをするということも多いでしょう。そんな風に毎日LINEをしていると、急に来なくなった時に自分が何かしてしまったのではないかと不安になるのも当然のことです。では、毎日LINEをくれていた男性が急にLINEをくれなくなった場合、どんな原因が考えられるのでしょうか。男性心理から分析してみましょう。
そもそも、LINE自体がそれほど得意ではない男性も少なくはありません。毎日LINEをしていたものの、実は負担になっていてもう無理だと思ってLINEを送ってこなくなった可能性はあります。最近のやり取りを見てみると、早めに切り上げたがっていたり返信が遅かったりというサインは出ていなかったでしょうか。彼からすると「毎日のLINEが辛いことに気付いてほしい」というサインを出していた可能性もありますよ。
忙しいと、スマホを触ることもできない可能性があります。残業が多いだけではなく、毎日お風呂や食事だけで精一杯ということもあるでしょう。「寝る前にスタンプの一つくらいくれれば良いのに」と思う女性も多いですが、スタンプを送るとすぐに返信が来て長々とLINEしなければならないと思うと、それも億劫になるケースもあります。忙しくてLINEが送れないというケースもあるので、いきなり彼を責めるのはやめましょう。
付き合うつもりで毎日LINEをしていたものの、合わないことが分かったり、いつまでも女性から告白してくれなかったりすることで、男性の気持ちが冷めてしまうというケースもあります。そうなると、既に他の女性を探し始めていて毎日のLINEをする気はなくなっているのかもしれません。いつまでも「良い雰囲気のままキープを楽しもう」と思っていると冷めてしまう男性もいるので、時には女性側から分かりやすくアプローチや告白をすることも必要ですよ。
単なる連絡手段とはいえ、LINEの回数は恋愛において重要なポイントです。何も言っていないのに急にLINEがなくなった場合、彼の意図が隠されている可能性があります。今までのやり取りを見返して、彼の意図を見抜きましょう。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事