2021.07.30

「新婚生活=ラブラブ期間」じゃないって本当?ラブラブできない理由を解説!

新婚生活というと、お互いに片時も離れずラブラブする期間というイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。特に独身の人の中には、常に新婚旅行のような生活が続くと思っている人も少なくはありません。しかし、実際に結婚してみると、実は新婚生活はラブラブできるだけの期間ではありません。むしろ「一人暮らしの方が良かった」と思う人もいるでしょう。ではなぜ新婚生活なのにラブラブできないのか、理由を解説していきます。
同棲から入籍したカップル以外は、基本的に初めての家族以外の人との同居です。そのため、どうしてもお互いに緊張してしまうでしょう。旅行などではそうした緊張感も楽しめる要素の一つになりますが、仕事から疲れて帰ってきて家でも緊張していると、疲れる原因になりかねません。そのためラブラブする体力なんて残らず、どうしても堅苦しい新婚生活になってしまうのです。
一緒に暮らし始めてすぐの頃は、お互いの生活習慣の違いにイライラすることも多いでしょう。些細なことでも「どうして〇〇なの?」と喧嘩になってしまい、今まではなかったすれ違いや衝突が増えてしまいがちです。必然的にどうしても険悪な空気になってしまい、ラブラブどころではない状態になってしまうのです。新婚生活だからこそ、ラブラブする雰囲気を作れないという人たちも多いでしょう。
結婚によって引っ越しがある場合は、環境に慣れるだけでも一苦労です。結婚を機に仕事を辞めた人は再就職のための活動が忙しくなりますし、そこに今まではなかった二人分の家事があると、協力し合っていても慣れるだけで精一杯です。新婚旅行中はそうした家事がないため思う存分ラブラブを楽しめますが、生活が始まるとそんな余裕がないという人も増えるでしょう。とてもラブラブするような余裕は心身ともに持てないのです。
新婚の期間中にラブラブを楽しむのは、実は意外とハードルが高いことです。もしのんびりとラブラブした生活を楽しみたいのなら、お互いに結婚生活に慣れてきた頃の方が堪能できるかもしれませんよ。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事