2021.08.14

LINEでは脈ありだったのに......【デートで印象が悪くなる】女性の特徴は?

友達の紹介やマッチングアプリで知り合い、LINEのやり取りをしていると明らかに脈ありだったのに、いざ本当にデートをしてみると急にフラれてしまうという経験をしたことはないでしょうか。

もちろん男性側に問題があるケースもありますが、実は女性側のデートでのふるまいが原因でフラれている可能性もあります。LINEでは脈ありなのに、会うとフラれる女性はどのような特徴を持っているのかチェックしてみましょう。
婚活市場では、初回のデートは男性が負担してくれるケースが多いでしょう。しかしながら、女性側がそれを当然のことだと思うのはおすすめできません。

男性が支払って当然だと思い、財布を出すそぶりすらしないと、その時点で男性にフラれるリスクは一気に高まります。男性が負担してくれると言っている場合でも、きちんと支払う意思を見せ、奢ってもらった場合はしっかり丁寧にお礼を言いましょう。
何度も会ってからフラれるのであれば、ファッションセンスが悪い可能性もあります。男ウケの悪い服装でデートに行っても、なかなか次につながりません。

また、どんなに似合っていてセンスが良くても、婚活などで初めて会う時にパンツスタイルだと印象が悪くなる恐れがあります。自分のセンスに自信がない人は、アパレルショップでコーデしてもらってからデートに行く方が良いかもしれません。
LINEだとお互いにやり取りをテンポ良く行っているため気付きづらいですが、実は実際に会ってみると自分の話しかしないという女性もいます。そういう女性と一緒にいると、男性も疲れてしまうのでフラれる可能性は高くなるでしょう。

帰ってきた時、会話の内容を思い出してみて自分ばかりが話していないでしょうか。もし男性の話を何も覚えていないのであれば、自分本位な会話で相手を困らせたのかもしれません。自分の会話術もしっかり見直してみましょう。
一度や二度なら初回のデートでフラれることもありますが、それが何度も続くとなると自分に原因がある可能性が高くなります。しっかり次につなげていきたいなら、辛くても悪い部分は認めて改善していきましょう。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事