2021.07.31

逆効果になっちゃってるよ?痛々しいアプローチの特徴3選!

本人は男性のツボを抑えた大胆なアプローチをしているつもりでも、実は周りから見ても本人の男性から見ても痛々しいだけになっているアプローチをしている可能性があります。
当然ながら、そのような痛々しいアプローチでは好きな男性を落とすことはできないでしょう。ではどんなアプローチは痛々しくて逆効果になってしまうのか、チェックしてみましょう。
基本的にアプローチをする場合は、どんどん相手に対してアクティブにアプローチをするのがおすすめです。悩んでいる間に他の女性にとられてしまう恐れがあるので、積極的な方が良いでしょう。
しかし相手が疲れている時や忙しい時、あるいは具合が悪い時にも自分勝手にアプローチをすると、逆効果にしかなりません。時には周りの人から「ちょっと空気読みなよ」とたしなめられることもあるほど、迷惑をかける恐れがあるでしょう。
アプローチをしたからといって、全て上手くいくわけではありません。時には相手から脈なしアピールをされて諦めざるを得ないこともあるでしょう。
そんな風に明らかに脈なしだとアピールされているのに、諦めずにアプローチを続けると痛々しいと思われるリスクは高まります。どんなに好きな相手でも脈なしアピールをされた場合は、ちゃんと潔く諦める方が良い女だと思われますよ。
女性の武器は色気だと考えている人も多いでしょう。実際、色気を有効活用したアプローチは男性に対して非常に効果的です。しかしわざとらしく胸を押し当てたり、所かまわず色気のある声を出すようなアプローチは逆効果です。
はしたなく下品な女性だと思われる可能性もあるでしょう。そんなアプローチで落とせるのは身体目当ての男性だけなので、絶対にやめましょう。
痛々しいアプローチをすると、効果がないだけではなく男性に嫌われる恐れすらあります。さらに周りの人からも嫌われてしまい、孤立してしまう恐れもあります。
アプローチをするのは悪いことではありませんが、効果的なアプローチをしたいのであれば自分本位にならずに周りの様子も見ながらアプローチしていきましょう。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事