2021.07.31

ラブラブでも許せない!「新婚時代」の忘れられない失言とは?

今まで結婚に向けて二人で話し合いを進めて、両家の顔合わせや結納など終わり、やっと入籍日を迎えると安心するでしょう。楽しい新婚生活が始まり、ラブラブを満喫している人も多いのではないでしょうか。
しかしながらそんな新婚生活でも相手の全てを許せるわけではありません。まだお互いに絆が深まっていないからこそ、許せないこともあるでしょう。どんな失言が相手の心を傷つけ、数年後にも後を引くのかチェックしてみましょう。
入籍すると、簡単に別れることはできません。そのため、今まで付き合っていた時には隠していた過去の恋愛のカミングアウトをしてしまう人がいます。
たとえば「結婚直前まで他に好きな人がいたけど、振り向いてもらえないから結婚した」や「過去の経験人数、2人だと言ったけど実は10人だった」のようなカミングアウトは、相手を失望させるには十分な衝撃を与えるでしょう。
結婚まで隠していたのなら、最後まで隠す方が良いかもしれません。
結婚すると相手が逃げないと思ってマウンティングを始める人がいます。「言わなかったけど給料安すぎるよね」や「実家、ボロボロだよね」のように相手にマウンティングをすると、相手がその言葉を忘れないのも当然でしょう。自分の大切な人を傷つけないよう、発言には気を付けてください。
結婚すると相手と家族になるため、急にワガママを言ってしまう人もいます。特に結婚して知り合いが誰もいない土地に引っ越してきた人は、相手を束縛してしまうこともあるでしょう。会社の決起会や忘年会などの大切な飲み会も嫌がったり、友達付き合いを制限したりする人も少なくはありません。そうした行動は、数年後にも相手から恨まれるかもしれませんよ。
新婚生活は何もかもが新鮮な日常になります。そのため、色々と思い出に残ることも多いでしょう。ただし、良い思い出だけではなく悪い発言や行動も思い出に残ってしまいます。
これから数十年を楽しく過ごすためにも新婚時代の失言には気を付けましょう。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事