2021.07.31

いきなり離婚の危機!?新婚生活を台無しにする習慣3選って...?

結婚した時に「まぁ数年で別れるだろう」と考える人はめったにいません。「この人と一緒にいたい!」と思ってするのが結婚です。
しかしながら、そんな風にお互いを想いあって始める新婚生活も、自分の独身時代の何気ない習慣のせいで台無しになってしまう恐れがあります。いきなり離婚の危機を迎えないためにも、台無しにしかねない危険な習慣を知っておきましょう。
独身時代なら、誘われてすぐに飲み会に参加してオールで飲んでも誰にも迷惑をかけませんでした。特に一人暮らしなら、急に飲みに行くこともあったでしょう。しかし、家で待っている人がいる新婚生活にそんな飲み方をしていると、相手は嫌な気分になってしまいます。

時には疲れているのにご飯を作って待っていてくれた気持ちも台無しにしてしまうかもしれません。結婚後は「結婚祝いに奢ってあげる!」と誘われることも増えますが、急に飲みに行くのは避けるようにしましょう。
一人暮らしで寂しいと、友達と長時間電話をする習慣がある人も多いのではないでしょうか。しかしながら、一緒に暮らしている人がいるのに電話の向こうの友達とばかり話していると、相手は孤独感を抱いてしまいます。
しかも友達が異性の場合、新婚早々浮気を疑わられても言い訳できないかもしれません。結婚したら、仲の良い友達ではなく目の前の配偶者と向き合って生活するようにしましょう。
一人で暮らしていると、好きなお菓子を買ってきて好きなだけ食べることもできます。しかし、二人暮らしでそのような食べ方をしているとトラブルの元です。個数が分かるものは、基本的に分け合いながら食べましょう。
食べるペースが違う場合も、気遣った方が良いでしょう。自分の好きなだけ食べていると、相手が不満を抱えてしまうかもしれません。
新婚生活は、楽しいだけの時期ではありません。今後仲良く暮らしていくために、お互いの生活リズムや習慣をすり合わせる大切な期間です。
いつまでも独身気分で過ごしていると、相手に嫌われることもあるでしょう。楽しい新婚生活を台無しにしないよう、一人暮らし期間が長かった人は特に気を付けて生活しましょう。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事