2021.08.04

可愛いくてたまらない♡【方言女子】が魅力的な理由とは

上京したあとに方言を出さない様にしているという女性もいますよね。方言だと通じないこともあるため、標準語を一生懸命覚えたということもあるでしょう。

男性から見ると、方言で話している女性は可愛いものです。同じ状況組の男性からすると、故郷の言葉で話している女性に親近感が沸くこともあります。そこで、方言女子が魅力的な理由について紹介します。
話しているときにふいに方言が出てしまい、焦っている姿を可愛いと思う男性は多いです。一生懸命言葉の説明をしている姿を見て、微笑ましい気持ちになることもあるでしょう。

方言を出さない様にしていてもつい出てしまうことってありますよね。無意識のうちに使ってしまったときの反応で、男性からの好感度が上がることもあるのです。わざとらしい間違いは気付かれるでしょうが、たまには方言を出してみるのもよいでしょう。
普段聞いている言葉と違うイントネーションの言葉を聞くと、新鮮に感じるという男性もいます。同じ言葉だとしても、アクセントが違うだけで印象が変わってくるのです。

むきになってこのアクセントで合っていると話す姿を見て、可愛いと感じます。意味が分かればどちらでもいいけれど、からかいたくなってつい何回も言わせてしまうなんて男性もいますよ。
女性が話している言葉について、方言だと指摘した時に「これって方言だったの?」と驚く姿が可愛いと感じる男性もいます。知らなかったの!?と男性も驚く反面、標準語だと思っていたことに可愛らしさを感じます。

普段使っている言葉の中には、別の地域でも使われていると勘違いしている言葉もあるでしょう。一般的ではないけれど、浸透している言葉などは人に言われないと気づかないものです。
普段は標準語で喋っている女性が、家族や地元の友達と話しているときにだけ方言が出る姿を見てそそられる男性もいます。女性の自然体の姿を見れた気分になるのです。

近寄りがたいオーラの女性が方言で話しているのを見て、ギャップを感じることもあるでしょう。話しかけてみたくなるきっかけにもなるのです。
方言で話すと田舎者だと思われると感じる人もいるでしょう。しかし、無理して標準語に直さなくても方言でも伝わればいいのです。

(ハウコレ編集部)

関連記事