miryokuteki

2021.08.05

コンプレックスが逆に魅力的!男性目線で見るとそそられる女性の部位とは?

女性がコンプレックスに感じていることでも、男性目線で見ると全く違う目で見ていることがあります。女性と男性では感覚が違うので、女性にとってのコンプレックスは男性にとっての魅力的な部分であることが多いのです。

その違いを知っておくことで、自分に自信を持つことができるようになります。そこで、男性目線で見るとそそられる女性の部位について紹介します。
細い二の腕に憧れている女性もいるでしょう。T シャツを着た時に、すらっとした二の腕の方がきれいに着こなせると感じることもありますよね。しかし男性は、もちもちした二の腕に魅力を感じます。

骨ばった体つきよりも、ふっくらしている体型を好む男性は多いのです。女性のことを柔らかいと思っているので、肉がなくて揉みごたえのない二の腕よりも弾力がある柔らかい二の腕の方が好きなのです。
がっちりとしてボリュームのあるお尻にコンプレックスを抱いているという女性もいますよね。デニムを履いてしまうとお尻が主張されるから嫌だと感じることもあるでしょう。

そんなあなたのお尻を魅力的だと感じる男性もいます。ボリュームのあるお尻はセクシーに見えるのです。薄くてメリハリのないお尻よりも、主張しているお尻の方が女性っぽいと感じるのです。
くりっとした大きな二重まぶたに憧れているという女性もいますよね。化粧で二重になるようにしているという女性もいるでしょう。

しかし、一重まぶたが好きだという男性も結構います。シャープな一重まぶたの女性がきりっとしていてきれいな顔だと感じるのです。可愛い系よりも美人系の顔が好きな男性にモテますよ。
ご飯を食べた後にお腹がぽっこりするのが恥ずかしいと感じる女性もいるでしょう。しかし、それが魅力だと感じる男性もいるので、無理に引っ込める必要はありません。

お腹が出ているところを見て可愛いと感じる男性もいます。女性が食べているところを見るのが好きな男性は、食後のぽっこり下お腹を見ていっぱい食べた証拠だととらえるのです。
コンプレックスになってしまうとその部位が目に入るだけで嫌な気持ちになってしまいます。自分のコンプレックスは他人にとっては魅力です。嫌がりすぎなくてもよいのです。


(ハウコレ編集部)

関連記事