2021.08.06

氷点下まで冷めた!みんなが彼氏への気持ちが急激に冷めてしまった出来事って?

好きだったはずなのに、たった一つのことで気持ちが冷めてしまうことってありますよね。彼氏のことを気持ち悪く感じてしまい、その場で別れを告げることもあるでしょう。

好きな思いがどれだけ強くても、冷めてしまった気持ちを戻すことはできません。そこで、世の女性達が経験した彼氏への気持ちが急激に冷めた出来事について紹介します。
彼氏の食事の仕方が汚いことに気付いて、急激に冷めたことのある女性もいます。今まで気にならなかったけれど、一度意識してしまうとみて見ぬ振りができなくなってしまうのです。

くちゃくちゃ咀嚼音を立てて食べる姿やよせ箸や犬食いしている姿を目の当たりにして、引いてしまいます。なんで今まで気づかなかったのだろうと後悔することもあるでしょう。
よくあうパターンが、彼氏に浮気されたことで気持ちが冷めてしまうことです。どれだけ好きであっても浮気するような男は気持ち悪いと、一気に嫌悪感が湧きだしてくるのです。

他の女性を抱いた手で触らないで欲しいと思い、彼に触られることを拒否することもあるでしょう。ただの気持ち悪いものにしか見えないので、一刻も早く関係を切りたくなるのです。
彼からの過度の束縛に嫌気がさして、気持ちが冷めることもあります。あれはしちゃダメ、これもしちゃダメだと行動を制限されるうちに、言うことを聞く必要がどこにあるんだろうと我に返ります。

束縛をしてくるくせに自分は自由にしている姿を見て、不快感が増すこともあります。人にばかり我慢を強いてくるその考えに冷めていくのです。
店員さんに対する態度が悪くて冷めるということもあります。威圧的に物を発言している姿を見て、器の小さい男だとがっかりします。何をもって高圧的な態度で接しているのか理解できないのです。

自分より格下だと感じた人には高圧的に接する姿を見て、いつか自分にも同じような態度をしてくるのではないかと考えます。そんな男と一緒にいたくないと別れを決意するのです。
どれだけ彼のことが好きであっても、冷めるときは急に冷めます。突然の心変わりに戸惑うこともあるでしょう。しかし、自分のことを薄情だと思う必要はないですよ。

(ハウコレ編集部)

関連記事