2021.08.08

ほどほどにしよう!嫉妬しすぎると気持ちが冷めてくる理由4選

恋愛をしていると嫉妬する気持ちが多少は出てきますよね。あまり嫉妬しないという人も嫉妬したことがないという人はほぼいないはずです。しかし、嫉妬しすぎることで気持ちが冷めたことがありませんか?

嫉妬するほど好きだったのになぜ嫉妬がひどいと冷めてきてしまうのでしょうか。その理由について紹介したいと思います。
自分が嫉妬することにより、相手が自分のことを好きじゃないように感じたり、自分が相手を好きという気持ちのほうが遥かに上回っていて温度差があると感じたりすることで自分の気持ちまで冷めることがあると言われています。

自分ばかりが相手を求めて、相手に求められていないと感じることで「なんだかもういいや......」と思ってしまうのです。
嫉妬しすぎていると疲れが溜まってくるでしょう。最初のうちは嫉妬しても好きだから、嫉妬している自分も許せると思うことができても、だんだんと「疲れる......」「自分が嫌になる......」と思うようになります。

恋愛をしていると疲れることもありますが、嫉妬という自分の気持ちで疲れてしまうと心が長く持たないようになりますね。
毎日嫉妬して、嫉妬する自分が嫌になってを繰り返していると、ふとした瞬間に「私そこまで好きなのかな?」と急に思ってしまうときが訪れます。そのときに「そんなに好きじゃないかも......」と冷めてくることもあるのです。

嫉妬している最中は好きだから嫉妬していると思っているものの、冷静になったときに「あれ?」と感じるものがあったらそれをきっかけに冷めるという勝手な心理もあるのですね。
嫉妬ばかりしていると、その恋愛が楽しくないと思ってくることがあるでしょう。そのため、嫉妬しなくてもいい恋愛がしたい、もっと落ち着いた恋愛がしたいなどのように今の恋愛よりもワンランク上のものを求めることがあります。

そうなったら「今のこの恋愛ってダメなのでは?」「もっと他に合う人がいるのでは?」と思うようになり、だんだんと冷めてくるようになるのです。上を求めて冷めるなら、次の恋愛にいくのもありですね。
好きだから嫉妬していたはずなのに、あまりに嫉妬がひどすぎることで自分の気持ちが冷めて別れに繋がることもありますよ。嫉妬はほどほどがいいですね。(みいな/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事