2021.08.09

気の迷い?一目惚れがすぐに終わってしまう理由!

一目惚れというとロマンチックな恋愛の代表格で、憧れている人も多いでしょう。実際に一目惚れを実らせて結婚するという人も存在しています。しかしながら、残念なことに大半の一目惚れはすぐに冷めてしまい終わるケースが多いと言われています。見た瞬間は確かにトキめくのに、どうしてすぐに終わる一目惚れが多いのか、理由をチェックしてみましょう。
一目惚れは、一般的に相手の外見しか知らずに始まる恋愛です。最近ではSNSなどで交流してから会った時に一目惚れをする人も増えていますが、やはり一般的には相手に対する予備知識が何もない状態で始まる恋愛が多いでしょう。だからこそ、外見で期待した分相手に幻滅して終わってしまう可能性が高いのです。元から相性が悪い二人なのに、外見だけが好みという状況だと、余計にそのリスクは高まるでしょう。
さらに一目惚れの場合、外見から持った理想を相手に押し付けてしまうこともあります。自分の中で期待が外れて冷めるだけではなく、相手を自分の理想に合わせようとする人もいるでしょう。そうした行為は自分だけではなく相手もイライラさせることになりかねません。結果的に、ますます相手との相性が悪くなり最悪の雰囲気で一目惚れが終わることもあります。一目惚れした相手の性格が理想とは違う場合、無理に相手を変えようとせずに素直に受け入れましょう。
多くの場合、一目惚れは容姿が優れている芸能人に対する憧れと似ているものです。そのためトキめいたとしても相手に本気になるきっかけをつかめずに終わってしまうケースもあります。ただ見かけて好みだと思っただけで話すこともなく終わることもあるでしょう。そうしたすぐに終わってしまう儚さこそ、一目惚れの醍醐味かもしれません。
一目見た瞬間に「好き!」と思えるからこそ、一目惚れに運命を感じる人も少なくはありません。しかしながら、すぐに燃え上がるからこそ一気に冷める可能性も高いのが一目惚れです。本当に好きな人と出会えた時には、まずは気持ちが冷めないような努力が必要かもしれません。(土井春香/ライター)


(ハウコレ編集部)

関連記事