2020.03.17

的確に攻める!男子が断りにくいデートの誘い方・4つ

みなさんは、気になる男性をデートに誘うとき、どんなふうにしていますか?
もちろん彼氏や、すでに互いに遊び慣れた同士なら「今週末○○しない?」みたいな感じでも全然OKですけど、まだまだ親しくない相手にはそうはいきませんよね。

付き合えるかどうかの本当の勝負はデートが始まってからだけど、相手が誘いにOKしてくれないと、その勝負の土俵にすら上がれません(笑)!

というわけで今回は、「男子が断りにくいデートの誘い方」をご紹介します。たくみな誘い方でまんまとデートに連れ出された経験のある20代男子50人にお聞きしました。

家から出られない今だからこそ、今後のために学んでおきましょう!
「うまい誘い方だな~と思うのは、まず『○日空いてる?』と聞いてきて『空いてるけど、なに?』と聞き返してから『デートしない?』という誘い方。一回空いてるよと言った手前、断りにくくてついついOKしちゃう」(大学生/22才)

これは納得ですね。少しずるい(?)ですが、「男に二言はない!」的な男子も多いですし、「ごめん、やっぱデートならムリだわ」なんてなかなか言えませんから、うまくいんじゃないでしょうか?
「『○○ちゃんのカップルとダブルデートしない?』と言われて、(楽しそうだな)なんて思って行ったら、案の定、『○○ちゃんたち来れなくなったー』だと。仕方ないから、2人でデートしました」(歯科医師/29才)

ダブルデートは、男性にとっては同性とも異性とも遊べる点で、オトクなデート。ひょいひょい乗ってくる人も多いです。が、この戦法は、せいぜい一回までしか使えないでしょうね……。
「『今週の土曜日、あの映画の招待券2枚あるけど、来る?』って言われたら、断れないよね。タダなんだもん、もったいないし」(営業/26才)

貧乏性な男子には、「無料」という言葉は一撃必殺ですね。そもそも、映画の招待券なんていまどきなかなか手に入るものではありません。もしかしたら、「招待券」とウソをついて、実はこっそり前売り券を普通に買っておいたのかも?
こうすれば、「招待券あるよー」の口実で、男子をデートに誘い放題ですね(笑)!
「『夜、家にいたら急に、今近くにいるんだけど、一緒に飲まない?』って誘われて、なんかヒマだしいいや、って行っちゃった」(書店員/27才)

いいですね、コレは。気合を入れずに、気軽に誘った方が案外成功しやすいのかもしれませんね。でも、なんか「磯野、野球やろうぜー」みたいな感じですよね(笑)
さて、いかがでしたか?
こんなふうにいろいろと工夫すれば、どんな男子でもデートに誘いだせる!はず。もちろん本番はデートが始まってからです。デートにこぎつけたぞ!なんて行って浮かれてちゃダメ。決戦の日に向けて、洋服を決めたりダイエットを始めたり、着々と準備をしましょう。
そのデートがうまくいけば、次からは「土曜日遊ばない?」って普通に誘えますから、頑張ってくださいね。

(遣水あかり/ハウコレ)

関連記事