2021.08.14

結婚が嫌なの!?適齢期なのに結婚を言い出してこない彼氏の本音って?

お互いに結婚適齢期なのに、彼氏が結婚のことを何も言ってこないという女性もいますよね。結婚しないならしないで、はっきりと伝えて欲しいと考えている女性もいるでしょう。

男性の中には、結婚願望はあるけれど結婚に踏み切れない男性もいます。そこで、適齢期なのに結婚を言い出してこない彼氏の本音について紹介します。本音を知って、結婚への問題を解決しましょう。
金銭面に余裕がないために、結婚に踏み入れないという男性もいます。結婚するには先立つものが必要になります。日々の生活でお金が無くなるので、結婚資金をなかなか貯められないのです。

お金に余裕がないために、結婚の意思があってもプロポーズすることができません。結婚式を挙げることも新婚旅行に連れて行くこともできないので、気が引けてしまうのです。
付き合っている彼女が結婚相手には微妙だと感じているために、結婚を言い出してこない男性もいます。彼女にはいいけれど結婚相手には違うと考えているのです。

彼女と結婚相手では望むものが違うという男性は多いです。そのため、この人との結婚は無理だと考えながら付き合いを続けていることがあります。一度、理想の奥さん像を聞いてみるとよいでしょう。
結婚することで自由な時間がなくなってしまうことが嫌だと考えている男性もいます。家庭に縛られて、好きな時に好きなことをできないのが苦痛なのです。

こういった考えの男性と無理矢理結婚しても、自分の休みは自分の物だと家事育児に協力してくれないことがほとんどです。考え方を受け入れるか、いっそのこと別れた方がいいかもしれませんよ。
自分からプロポーズするのは恥ずかしいので、逆プロポーズされたいと考えている男性もいます。恥ずかしがり屋だったり責任感の無い男性の場合、彼女から言ってもらった方が都合がいいのです。

結婚する気はあるので、将来の話には前向きに乗ってきます。いつまでたっても彼がプロポーズしてこないようであれば、自分から言ってみてもいいかもしれませんよ。
彼が結婚に踏み入れない理由があるのならば、その理由を聞き出しましょう。理由によっては二人で解決できることもありますよ。

(ハウコレ編集部)

関連記事