2021.08.19

「付き合う前は優しかったのに!」釣った魚に餌はやらない男性心理とは?

男性の中には、付き合うまではマメにアプローチしてくれて優しかったのに、告白を受け入れた途端に、人が変わったのかと思いたくなるようなレベルで態度が豹変する人も少なくはありません。
さらに優しくなる素敵な男性もいますが、大半の男性は「釣った魚に餌はやらない」と考えるのか、冷たくなると言われています。
では、なぜ告白を受け入れた途端にそのような冷たい態度をとるのか、男性心理を考えてみましょう。
「無理かもしれない」と思いつつアプローチしている時は、自分の方を振り向いてもらうために必死になります。しかしながら、彼女になると「自分が手に入れられるレベルの女」だと思ってしまい、慢心してしまう男性が多いのです。
そのため、対等に付き合うのではなく女性の方を少し見下した態度をとってしまいます。さらに「このレベルの女がいけるなら、もっと上も狙える」と、浮気すらしてしまう男性もいます。
男性の中には「女性はいつでも男性を好きで一途であるべき」と信じ込んでいる人もいます。こうした男性は、告白を受け入れた時点で女性はもう心変わりをするわけもなく、どんな扱いをしても自分のことを好きだと思いがちです。
そのため、ひどい扱いをしても問題がないと考えるのです。場合によっては、別れてから数年後に「まだ俺のこと好きだろ?」なんて勘違いLINEを送ってくるタイプの男性もいます。
実は、無自覚で優しくできなくなってしまう男性もいます。自分に厳しくストイックな性格をしている男性は、同様に身内にも厳しく接してしまいがちです。そのため、彼女という身内の一種になった途端に厳しくなってしまうのです。
彼に心を許されるのは嬉しくても、そういう扱いは嫌な場合はしっかり伝えておく必要があります。
付き合う前の彼の態度を見て好きになったのに、付き合った瞬間から態度が豹変すると嫌になるのも当然の気持ちです。
どうしても彼の変化が受け入れられない場合は「こんな人だと思わなかった」と早々に別れを告げても良いかもしれません。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事