2021.08.19

なぜか出会えない...!【男運】が悪くなりがちな女性の特徴3選とは?

美人なのに良い人と出会えず、なかなか彼氏ができない人がいます。

美人で性格も良く、男性からも女性からも好かれるのに彼氏ができなかったり、せっかくできた彼氏もダメンズだったりする場合、その女性はもしかしたら男運がとてつもなく悪いのかもしれません。

では、どんな女性は男運が悪くなりがちなのでしょうか。特徴をチェックしていきましょう。
周りに頼られる女性は姉御肌として色々な人に好かれますが、頼られれば頼られるほど自分のために時間を使いづらくなります。

そのため恋人を探したくてもなかなか探せず、いつまでも彼氏ができないという状況に陥ってしまうのです。

そうした状況に焦って、他の女性は避けるようなダメンズに引っかかってしまうという女性も少なくはありません。
恋愛に対して理想を持っている女性も男運が悪くなりがちです。恋人がいない期間が長くなると、どうしても理想が高くなってしまい、男性を見る目が厳しくなります。

自分磨きをしっかりしている女性は特に、「私に似合う男性を」という観点で探してしまい、条件面だけを重視して出会いを逃してしまいがちです。

高飛車な印象を与えてしまうため「友達としては良くても恋人としてはない」と思われる恐れもあるでしょう。
男性慣れしていない印象を与える女性は、男性から「あの人は誘いづらい」と思われることがあります。

その結果、なかなか出会いに恵まれずに恋愛ができず、余計に男性に不慣れになってしまい、男性が遠ざかるという悪循環にはまってしまうかもしれません。

男友達がいない人は、男性を見極める目も養えないので、男運がなくなり悪い男性に引っかからないように気を付けてください。
普段から「ロクな男がいない!」と思っている人は、もしかしたら単に自分の見る目がないだけかもしれません。

もしかしたら、周りに素敵な人がいるのに「自分にはふさわしくない」と切り捨てているだけの可能性もあります。

本当に良い人がいないのかどうか、周りの男性に文句を言う前に、自分に問題がないのかチェックしてみるのもおすすめですよ。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事