2021.08.20

「可愛い」とは違う?「大人可愛い♡」の作り方をチェック!

「大人可愛い」というと、社会人として働く女性がモテるために必須とも言われる条件です。
「大人っぽい」だと近寄りがたいと感じる男性も「大人可愛い」という要素があれば安心してアプローチができるという人は多いでしょう。自由自在に「大人可愛い」を使いこなすことで、モテチャンスをつかむこともできます。
では、「大人可愛い」はどうやって作ることができるのでしょうか。「大人可愛い」を作る方法を紹介していきます。
「可愛い」という言葉を意識すると、学生の頃のようなファッションが正解だと勘違いしてしまいがちです。
しかしながら、目指すのは「可愛い」ではなく「大人可愛い」です。年齢に合った服装をして、その中で可愛らしさを発揮するようにしましょう。色遣いや素材にこだわることで、年齢らしい服装をしていても可愛い女性になることは可能ですよ。
大人可愛い女性になるためには、清潔感も必要です。年齢に合った服装をしていても、なんとなくだらしない印象を与えてしまう女性だと男性からの印象は悪くなります。「自立した大人の女性」であることをアピールするためには、清潔感を忘れてはいけません。
たとえば職場に着ていく服は、お気に入りでも少し汚れたらすぐに部屋着にするなど決断力を身に着けるのも重要です。常に隙がなく、どこから見ても綺麗な女性でいることも「大人可愛い」と作るための秘訣だと言えるでしょう。
実は話し方も「大人可愛い」を作るためには忘れてはいけないポイントです。可愛さを意識しすぎて子どもっぽい話し方をしていると、幼稚な人だと思われているかもしれません。
仕事中は特に、しっかりとした言葉遣いで話す方が「信頼できる女性」として周りからの評価も良くなるでしょう。
綺麗な日本語を使いこなし、礼儀正しくふるまうことを意識してください。
「可愛い」という言葉を考えると、少し幼い女性を目指してしまいがちです。しかし、あくまで目指すべきは「可愛い」女性ではなく「大人可愛い」女性です。
年齢相応の気品を身に着けて、周りから憧れの女性だと思われるような女性を目指してみましょう。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事