2021.08.22

こっそり不満を溜めている?優しい夫だからこそ言いづらい「家事への不満」とは?

優しい夫は、妻の家事に対して不満があってもなかなか言わないと言われています。

しかし、言えないだけで不満を持っていないわけではない場合、いつか爆発して大きな喧嘩になるかもしれません。

優しい夫だからこそ言いづらい不満にはどういうものがあるのか、優しい夫を持っている人は一度チェックしてみても良いかもしれませんよ。
共働きの場合は掃除はなかなかできず、目立つところ以外は休日にまとめて行うという夫婦も多いでしょう。

ですが、午前だけのパートや専業主婦で過ごしていると、毎日掃除をしてほしいと考える夫は少なくありません。手間がかかることを知っているため優しい夫は言いませんが、もしかしたら掃除の頻度が低かったら不満を持っている可能性もあります。

また、掃除のクオリティが低すぎる場合も、言い出しづらいと思いつつ不満になっている可能性があるので注意しましょう。
料理が奥さん担当、あるいは専業主婦で毎日料理をしている場合、同じような料理だと不満に思う夫も多いと言われています。

料理は手癖で作る人も多く、意識していないと献立が固定化してしまいがちです。たまには自分で検索したり料理番組を見たりしてレパートリーを増やす努力をしないと、優しい夫は言い出せないままにどんどん不満を溜めこんでしまうかもしれません。
女性はショッピングでストレス発散をする人が多いでしょう。

特に専業主婦として家にいる時間が長い女性はなおさら、休日は外に出たがる人が多いと言われています。しかしながら、毎日会社で働いている男性は土日はゆっくり自宅で過ごしたいと考える人も多いでしょう。

それなのに休日は毎回外で過ごすことを恒例にしてしまうと、夫が疲れてしまいます。優しい夫だからこそ言い出せず、黙って疲れを溜めてしまっているかもしれません。
夫が優しい性格をしていると、日々の生活に不満を持っていてもなかなか言ってくれません。

しかし、決して不満がないわけではないので、ある日急に爆発する恐れもあるでしょう。優しい夫だからこそ、不満がないように快適な暮らしを整えてあげると喜ばれますよ。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事