2021.08.17

現役看護師、リスナーからライバーへ


ニックネーム:あやりん
生年月日:1998年2月16日
ミクチャ歴:2ヶ月
ライブ配信を始めたきっかけ:元々リスナーとして配信を見ていた時ライバーさん皆がきらきらしていて私もそんな人になりたいと思ったから
Twitter:aya_rin39
Instagram:aya_rin39
ミクチャ:005.ayari

話をしていると、なんだかとても安心するayari(あやり)さん。看護師さんだということを聞いて納得です。落ち着いていて、穏やかな雰囲気で話すayariさんの配信には、いつもたくさんのリスナーさんが訪れます。Ayariさんがライバーをはじめたきっかけや、ライバーになったことで変化したことについて聞きました。

――ライブ配信を始めたきっかけを教えてください。
 
友人が、ミクチャのイベントオーディションに参加していて、応援してほしいと連絡をもらったことをきっかけにミクチャの登録をしました。ライブ配信アプリというものがあるのは知っていたけど、見たり触ったりしたのはその時が初めてでした。友達が参加していたイベントが終わって、他のライバーさんの配信を見るようになったのですが、どのライバーさんも楽しそうでキラキラしていたんです。それを見て、私もライブ配信をやってみたいなと思いました。
 
――ライバーさんが楽しそうにしている以外にも、ライバーになってみたいと思った理由はありますか?
 
リスナーさんとライバーさんが、コメントを通してコミュニケーションを取っていることころを見て魅力を感じました。私は、看護師をしているのですが、普通に過ごしていたら、きっと会えなかっただろうなと思う人と話ができるのは楽しいです。
 
――たくさんの方と交流できることが、ライバーの魅力だと感じられたんですね。そんなayariさんの、最初のライブ配信はどんなものでしたか?
 
私がリスナーとして見に行っていた枠の方々が、「ライブ配信をやったら見に行くよ」と言ってくれたのでやってみることにしました。でも、最初は緊張してしまったのでラジオ配信からスタートしました。配信内容は、本当に、普通に喋っていただけです(笑)。でも、それがすごく楽しくて、イベントにも出てみようかなという気持ちなりました。
 
――これまでに、どんなイベントに参加しましたか?
 
リスナーの方に、「声が落ち着いていて、心地が良いね」と言ってもらえたので、「月間イケカワボ決定戦」というイベントに参加しました。その他は、ロックが好きなので、ロック系のイベントにグッズ欲しさで参加しています(笑)。
 
――ライバーとしては、ラジオ配信からスタートしたということですが、最近はどんな配信をしていますか?


何か特技があったりするわけではないので、来ていただいたリスナーさん、1人1人を大事にしたライブ配信を心がけています。話したいことを話せる枠にしたくて、普通にきていただいたリスナーさんたちと雑談をしたり、質問を受けたらそれに答えたりしています。看護師をしていると言うと医療的な話になったりすることもあります。

――ayariさんが、ライバーとしてライブ配信をはじめてから、何か変化したことはありますか?
 
ミクチャでライブ配信をしている私と、プライベートの私は全然違うんです。だから最近、自分が二人いるような気持ちになる時があります(笑)。それはすごく新鮮な経験です。いろんな方と交流を持つことで視野が広がったし、ライブ配信をすると、リスナーさんを身近に感じることができるんです。「私は1人じゃない。応援してくれている人がいる!」と思えることは、いろんなことに前向きに向き合えるパワーになるので、以前より前向きになったなぁと感じる瞬間が多いです。
 
――前向きになるパワーをもらえるってすごいですよね。これまで、ライブ配信をしてきて、一番嬉しかったことはなんですか?
 
リスナーさんから、「あやりんと話をして元気が出た!」と言ってもらえたことです。「見ていると元気になるよ」と言ってくれる方がいると、ライバーをやっていてよかったなと心から思います。嬉しかったことは、本当にたくさんあるのですが、コミュニケーション能力がアップしたことも嬉しいです。
 
――ayariさんは、ミクチャでリスナーとライバーの両方を経験していますが、その経験からミクチャの魅力って何だと思いますか?
             
ライバーとしては、気軽に配信ができて、リスナーのみなさんが優しいところです。あと、ライブ配信はしたいけど、今日は顔出ししたくないなという日はラジオ配信を選択できるところです。動画だとハードルが高くなるんですが、声だけだとちょっとした時間にできるので、配信方法を選べるというのはすごく魅力的です。
リスナーとしては、本当にいろんな人を見ることができること。世の中にはいろんな人がいて、夢に向かって頑張っている人がこんなにたくさんいるんだなということを知って、私もたくさんの勇気をもらっています。
 
――ミクチャは、ライバー同士の交流が盛んなことでも有名です。ayariさんもライバー仲間や友達ができましたか?
 
ライブ配信に遊びに行ったことがきっかけで仲良くなって、お互いのライブ配信を見に行ったりする人はいます。こんなにライバーさんと仲良くなるとは思っていなかったので、それもすごくありがたいなと思っています。ミクチャは、ライバー同士が支え合っているなと感じるんですよね。

――ライバーさん、リスナーさん、いろんな出会いがあるのもayariさんに魅力があるからだと思います。その人の枠を見ると、人柄が見えますよね?




ライブ配信だからこそ伝える私の人柄や個性を見て、「応援したい」と思って下さる方に出会えたことはすごく幸せです。
 
――ライバーとしての経験を積んでいく中で、将来こんなことをしてみたいという目標や夢はありますか?
 
ライブ配信を通して、誰かに勇気を与えられる人になれたらいいなと思います。看護師の仕事をしながらですが、できる時間にライブ配信をやって、長く続けていきたいと思っているんです。仕事と配信を両立しながら、やりたいことはどんどん挑戦できるんだよ! ということも伝えていけたらいいなと思います。
 
――これからライバーを目指す人たちへ、ayariさんだからこそ伝えられるメッセージはありますか?
 
やりたいという気持ちになってからも、やるかやらないかで迷った時間がけっこうありました。リスナーからライバーになるということにハードルも感じていたんです。一度はじめてしまったら引き返せないのではないかという不安もありました。でも、リスナーでいるだけじゃ見えない世界があるんです。ライバーになることで、自分から発信できる世界があります。それは、何か特別なことでなくていいんです。人柄とか雰囲気とか。私は、他人と比べないようにしています。素敵な人がたくさんいるから、他人と比べたら折れちゃいます。だから、比べるのではなく自分のぺースで、無理をせずに続けていくことがライバーを楽しむコツかもしれません。
 
――素敵なメッセージをありがとうございます。そのほかに、ライバーになったときに「こうするといいよ」というものはありますか?
 
そばに、相談できる人がいるといいです。お互いの悩みが共有できるし、アドバイスももらえるので繋がりを作るというのも大事だと思います。私は、ライバーとして活動して視野が広がり、人生、生活が良い意味ですごく変わりました。ライバーをやってみてよかったと思える瞬間、自分にとってプラスになることが増えたので、あの時ライバーをやることを決めて、本当によかったなと思います。
 
 
 
ayariさんは、ライバーになったことで視野が広がったということを何度も話していました。これまで看護の世界一筋で生きてきたayariさんにとって、ライブ配信を通じた出会いは人生に大きな刺激を与えてくれたそうです。前向きに、自分らしく。そのペースは決して乱すことなくライバーを続けていきたいと語るayariさんをこれからも応援していきます。

\ミクチャに興味がある方はこちら/

友だち追加をしてライバーとして配信をしよう


✨あなたもライバーになって夢を叶えよう✨

関連記事はコチラ▼▼

関連キーワード

関連記事