2021.08.23

束縛より効果的!男を「誠実になろう」と決意させる魔法の言葉

どうもあかりです。
彼氏の浮気が心配だという女性は少なくないと思いますが、束縛による恐怖政治よりも、彼氏が自然と「誠実になろう」と思えるような言葉をかけてあげるのが一番効果的です。
ということで今日は、彼氏をそう思わせられる魔法の言葉を2つ厳選してお伝えします。
「浮気しないでね」と疑ってかかるような言い方は、単純に失礼です。
要するに「浮気する可能性があると思ってますよ」「あなたのことは信じてませんよ」と言っているようなものだからです。
仮に本当に彼氏の浮気が心配でも、まず、「あなたの誠実なところが好き♡」と言ってしまう。本当は心配なのに「あなたは誠実」と言い切ってしまうところがポイントです。
こう言われると、浮気をするんじゃないかと疑われている感じがしません。
また「誠実なところが好き」と言われたら、よほどの悪人じゃない限りは「この彼女の信頼を裏切りたくない」と思うはずです。
何事も、「伝え方」って大事です。
「浮気しないでね」と伝える側の気持ちは同じでも、それをそのまま伝えるのと、それを裏返して「誠実なところが好き」と伝えるのとでは、受け取る側の気持ちは180度違うのです。
この一言は、内容的にはさっきの「誠実なところが好き♡」と同じです。
ただ、「好き」の気持ちが「彼女視点」から「不特定多数の女性目線」に変わっています。
男性も女性も、たとえ自分に恋人がいても、他の異性からの見え方を気にしてしまうものです。
なので「誠実な方がかっこいい」と言われたら、当然「自分もそうありたい」と感じるものです。
彼女一人から「誠実なのがいい」と言われるよりも、「一途な男って、女性から評価が高いんだ」「浮気をしたら女性みんなからダサい奴って思われるのか」と感じる方が、なんというか、自分も頑張らなきゃって思える説得力がありますよね。

何度も言う必要はありません。今回ご紹介した2つのセリフを、付き合った後でたった1回でも伝えておけば、彼氏は忘れずに覚えておいてくれるはずです。
彼女からこう伝えられてそれでも浮気をしてしまうような人なら、むしろ何をしたって誠実にはしてあげられませんから、「私はやることはやったぞ」という気持ちで、あとはただただ彼氏のことを信じてあげてください。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事