2021.08.24

当てはまってない...?「お互いに好きだけど別れる」カップルの特徴4選って?

トラブル無く円満に付き合っている恋人同士は良いかもしれませんが、なかには何かしらの原因でお互いに好きだけど別れてしまうカップルもいます。

あなたからからしてみれば、お互いに好きな気持ちがあるのでいたら、そのまま付き合い続けたいと思うかもしれません。

しかしどうしても別れる選択をしなければいけないと、正直悲しい気持ちになりますしショックが大きいですよね。

そこでこの記事では、お互いに好きだけど別れるカップルの特徴についてご紹介していきますので、参考になれば嬉しいです。
大好きな人と付き合ってくると転勤や何かしらの原因で県外に引っ越してしまい、遠距離恋愛になったことでお互いに好きだけど別れる場合もあります。

たとえお互いに好きな気持があっても、なかなか会えないことで相手を悲しませたくないという思いで仕方なく別れるカップルです。

やはりいつも会えていた距離感をなかなか忘れることができないと、どうしても辛くなり悲しい気持ちになりますのでちょっぴりモヤモヤしますよね。
お互いに好きだけど別れてしまうカップルは、どちらかが強い結婚願望があることから、相手が重圧に耐えられない場合もあります。

やはり結婚と言うのはお互いにしっかりと意識してタイミングが合わなければ、上手くはいきませんので、自分の願望を相手に押し付けるとプレッシャーを感じます。

いくらあなたに対して好きという気持ちがあっても、彼氏に強い結婚願望を要求してしまうと圧に押されて引きます。
お互いに好きだけど別れてしまうカップルは、どちらかの両親が強く反対したことにより、仕方無しに従うこともあります。

やはり両親が付き合っていることを反対してしまうと、本人たちが好き同士でもどうすることもできないので、「好きだけど別れる」という選択を選びます。

もし彼氏の両親がこうした理由で反対して別れることになった場合は、あなたからしてみればとても辛いですし「どうして反対するの?」と思いますよね。
社会人になりたての恋人同士になってくると、どうしても給料面で相手に負担を掛けることが増えますので好きだけど別れるカップルの特徴です。

なかにはどうしても叶えたい目標や目的があることから、優先させてあげたい気持ちで好きだけど別れて、陰ながら相手を応援したいと考えています。

こうした理由から好きだけど別れるカップルもいますので、素敵な恋愛がしたい女性はしっかりと理解しておきましょう。
あなたからしてみれば、好きだけど彼氏と別れなければいけなくなった時はとても辛いですし、場合によってはいつまで引きずりますよね。

「相手の負担になりたくない」「遠距離恋愛」「親の反対」など、様々な特徴で好きだけど別れるカップルがいます。

(ハウコレ編集部)

関連記事