2021.08.27

想いよ届け!【鈍感な男性】への効果的なアプローチ方法4選

好きになった人が鈍感な男性だった時に、自分の好意をアピールしてもなかなか気が付いてくれないので「ほんとにもう!」と、ちょっぴりイライラするかもしれません。

女性からしてみれば、私がこんなにアプローチしてるのに何で気が付かないの?と、思いますしどうやって伝えれば良いのか困りますよね。

鈍感な男性は、1番に身近に好意を寄せている女性がいても全くわからないので、中には挫折してしまう場合もあります。

そこでこの記事では、鈍感な男性へのアプローチ方法についてご紹介していきますので、参考になれば嬉しいです。
やはり好きになった人が鈍感な男性と言うこともあり、回りくどいアプローチをしてもいつまで経ってもあなたの好意に気がついてくれません。

そのままズルズルと付き合えまいまま恋が叶わなくなりますので、勇気を出してあなたの素直な気持ちを直接アプローチしましょう。

例えば「〇〇くんのことがずっと好きでした。彼女にしてください。」と、ストレートに自分の気持ちを伝えることで、いくら鈍感な男性もわかってくれます。
鈍感な男性に自分の好意を上手にアプローチするために、なるべく2人だけのシチュエーションや時間を作ることで、きっと気が付いてくれます。

周囲にたくさんいると、あなたが好意をアピールしてもどうしても気が付いてくれませんし、上手くアプローチできない可能性があります。

しかし2人だけのシチュエーションをしっかりと何度も作ることで、「あれ?もしかして?」と、あなたの気持ちが徐々に伝わります。
自分から好きになった鈍感な男性に対して、スキンシップを積極的に行っていくことであなたが好意を持っていると伝えられます。

例えば「頬を突いたり」「肩にポンポンと触れる」など、スキンシップをあなたからすることで、いくら鈍感な男性でも気が付いてくれます。

「あれ俺にはスキンシップが多いような?」「好きなのかな?」と薄々伝わりますので、きっと付き合うことができます。
鈍感な男性に対して上手にアプローチするために「〇〇くんが彼氏ならいいのに」と、好意を寄せていることをアピールしましょう。

やはり鈍感な男性はそう簡単に女性からのアプローチに気が付きませんので、あきらかに脈アリだとわかるアピールをすることで「もしかして告白されてる?」と感じてくれます。

きっとあなたの「好き」という気持ちが鈍感な男性に届きますので、もしかしたら付き合える可能性があります。
鈍感な男性を好きになった時に、変に期待してしまうとイライラしてストレスが溜まるだけですので、自分の好意をストレートに伝えましょう。

「好きです!付き合ってください」と素直に告白することで、鈍感な男性に気持ちが届きます。

(ハウコレ編集部)

関連記事