2021.08.31

実際どうなの...?「恋愛相手」と「結婚相手」が別と言われる理由って?

恋愛相手と結婚相手が別と言われる理由について、お話していきます。
よく、恋人にする人と結婚する人は違うといいますが、それはなぜなのでしょうか。

ここでは、恋愛相手と結婚相手が別と言われる理由や、それぞれに選ばれやすいタイプの女性について紹介していきますよ。

彼氏が欲しい人はもちろん、結婚相手を探しているという人も、ぜひ参考にしてみてください。
恋愛相手と結婚相手が別と言われる最大の理由が、将来を考えるかどうか。

恋愛相手は、今一緒にいて楽しい人や見た目がタイプの人を選べばいいですが、結婚相手はそうはいきません。

なぜなら、結婚するということは将来が関わってくるから。
今が楽しいだけではなく、将来性も考慮して相手選びをしなくてはならないのです。

付き合っているだけなら良くても、結婚すると困ること、というのはたくさんありますよね。

たとえばお金の使い方や生活力、家事スキルなどは彼女には求めなくても、結婚相手には求めるでしょう?

見た目よりも中身重視になることが、恋愛相手を選ぶときと結婚相手を選ぶときの大きな違いだと言えるでしょう。
では、恋愛相手と結婚相手、それぞれに選ばれやすいのはどんな人なのでしょうか。

ここでは、結婚相手に選ばれやすい人の特徴をまとめてみました。

  • 優しくて気遣いができる
  • 家事スキルが高い
  • しっかりしている
  • 精神的に自立している

先ほども述べましたが、結婚相手に選ばれやすい人は「顔より中身」が良い女性。

見た目がどんなに可愛くても、性格が悪い人やだらしない人は結婚相手には選ばれません。

若い頃は正直まだ結婚のことなど考えていないため、見た目が好みの人と付き合うという人が多いです。

しかし年齢を重ねるにつれ結婚を意識するようになると、相手の選び方も変わってくるもの。

20代半ば以降になると特に、その傾向は顕著になっていくでしょう。

結婚願望があるのなら、見た目を磨くことよりも中身を磨くことを重視していくことをおすすめします。

知識を増やすために本を読んだり、習い事を始めてみるのもいいですね。

将来を一緒に過ごしたい、と思ってもらえるような女性になれるよう、できることから始めていきましょう。
恋愛相手と結婚相手が別と言われる理由や、結婚相手に選ばれやすい人についてお話しました。

恋愛は今が楽しければそれでいいですが、結婚は将来を見据えて相手選びをしなくてはなりません。

そのため、数十年後も一緒にいられる人を結婚相手に選ぶのです。

(ハウコレ編集部)

関連記事