2021.09.07

あなたも気を付けて!男性が実は苦手な彼女の【気遣い】

良かれと思ってしたことが、実は迷惑だったり不快に思われていたらショックですよね。
あえて女性が気を遣ってしていることが、男性にとっては苦手だという場合があります。

今回はそんな【男性が苦手な気遣い】をまとめてみました。意外と普段からしている行動が当てはまるかもしれませんよ...!
大勢での飲み会の席やニ人きりでの食事では、一皿をシェアして食べる機会がありますよね。そんな時、率先してお料理を取り分ける女性は気が利いていて高感度もアップしそうなもの。

もちろんその行動をいいと思う男性もいますが、最近ではこの料理の取り分けをする女性を「苦手」と感じる男性が増えています。

その背景に、メディアやネットなどで「料理取り分けは高感度アップ」と多く取り上げられたことが挙げられます。
多くの人が知る高感度アップの行動を取ることに、"わざとらしさ"を感じてしまうようです。
多くの女性が「男性に奢ってほしい」と思っています。しかし、あからさまな態度はよくないと、払う気がないのに「私も出すよ!」とお財布を出す女性がいます。

お財布を出しても払う気がないのは男性にはバレてしまいます。その一連の流れが男性は苦手なようです。
身長差を気にするのは男性も女性もあることです。特に、男性は女性よりも高くいたいと思っています。

その気持ちを汲んで、わざとぺたんこな靴やスニーカーを履いている女性がいますが、この行動は逆に男性を傷つけてしまっています。

女性としては優しさのつもりでも、"身長差を気にしてる"と男性に伝えているようなものです。
"相手に決定を委ねる"といった意味合いで「なんでもいいよ」と言うことがありますよね。
しかしこの「なんでもいいよ」を言われた方は、"興味がない"や"考えるのが面倒"といったニュアンスで捉えてしまいます。

デート先や食事の場所を決める時、「彼の好きなところに決めて」という思いで「なんでもいいよ」と言うのは、男性には別の意味合いで伝わってしまうので、使い方に気をつけましょう。


女性なりに気を遣っていたことでも、男性にとっては苦手だと思ってしまうような言動もあるようです。
【正しい気遣い】をして男性に好印象を与えられる女性になりましょう!

(ハウコレ編集部)

関連記事