2021.09.13

イメージと違う...!「仲良しカップル」ほどLINEが淡白になる理由は?

仲良しカップルのLINEは、とてもラブラブで絵文字もスタンプも多くて華やかなものというイメージがありませんか?しかし、実際に仲良しカップルのLINEを見てみるととても淡白であることが多いと言われています。

なぜ仲良しなのにLINEが淡白になるのでしょうか。その理由について見ていきましょう。
仲良しカップルにとって大事なのはLINEの内容ではありません。LINEはデートの予定などを立てるためや、待ち合わせの時に今どこにいるのか確認するために使うただの連絡手段と思っています。

連絡手段となると、わざわざ凝った内容のLINEを送る人は少なくなり、どうしても淡白なLINEになることが多くなるでしょう。
LINEでどれだけラブラブであったとしても、直接会った時に喧嘩していたり、愛を深めることができなかったりしたら意味がありません。そのため仲良しカップルはLINEではなく直接会ったときにラブラブでいることを望んでいます。

LINEでラブラブなのもいいですが、それだけでは意味がないと思っているのですね。
LINEではそこまでラブラブじゃなくても本人たちはちゃんと繋がっているのです。
お互いにLINEでの反応を気にしていないという特徴も持っています。相手が冷たいとか、淡白で悲しいということをいちいち考えていません。冷たくても返信があればいいですし、伝えたい内容が伝わっていればいいのです。

LINEが淡白というだけで、お互いが気まずくなることもまずないでしょう。LINEの仕方そのものを全く気にしていない可能性もありますね。
仲良しカップルはLINE派よりも電話派が多いという特徴もあります。LINEをダラダラと続けるのなら電話をして直接相手の声を聞いたほうがいいというカップルが多いでしょう。

LINEは淡白ではあるものの、電話はかなり多いというカップルもいますよ。毎日電話して少しでも相手の声が聞けたらいいと思っています。電話が大事なのでLINEが手薄になるのでしょう。
こうやって見ていくと、LINEだけではそのカップルが仲良しなのかどうかというのは分からないものですね。本当の仲の良さはLINEだけで測れないということでもあるでしょう。(みいな/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事