2021.09.14

キスしたいけど遠距離...そんな時のLINEの有効な使い方とは?

「今日はどうしても彼とキスしたい気分!」という日もあるでしょう。しかし、同棲していたりめちゃくちゃ近所に住んでいたりしない限り、どんなに会いたくても現実的に会えないケースもあります。

そんな風に、キスしたい気分なのに距離や時間が邪魔をして会えない時、どのようにLINEを使えば寂しさを紛らわすことができるのでしょうか。
実際にキスはできなくてもキスをしてる気分になるためには、手っ取り早く「ちゅー♡」のようなメッセージを送るのがおすすめです。少し照れくさいかもしれませんが、お互いの気持ちを確認しつつラブラブすることができるでしょう。

寂しい時や甘えたい時に、照れる気持ちは邪魔にしかなりません。時にはそういう気持ちに蓋をして、思いっきり彼に甘えてみるのも良いのではないでしょうか。
「ちゅー♡」のようなメッセージを送るのはお互いに照れくさくてもキスしてる気分に浸りたいのなら、LINEがおすすめです。LINEスタンプの中には、カップルがペアで使うと会話が成立するようなスタンプもあります。

お互いにそういうLINEを購入し、寂しい時は使うことで寂しさを紛らわすことができるでしょう。【このスタンプは甘えたい時に使う】という二人だけの合図にもなります。
実際にキスはできなくても、相手の声を聞けたら落ち着けることもあるでしょう。時には文字だけのやりとりではなく、通話もしてみてはいかがでしょうか。相手からの愛情を実感して、少し会いたい気持ちが落ち着くかもしれません。

次のデートに向けた具体的な話し合いなどをすると、今の寂しい気持ちを乗り越える勇気も持てるでしょう。時には「今日は声が聞きたい」と素直に甘えてみましょう。
なかなか会えない遠距離は、相手に甘えることができずに辛いことも多くなりがちです。しかし、だからこそLINEの重要度が高まります。

【会えないからこそ素直になれる】という遠距離のメリットにも目を向けつつ、LINEで寂しさを癒しながら次のデートまで頑張って乗り越えてくださいね。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事