2021.09.14

どうして返事が遅いの?LINEが苦手な男性心理を解説!

彼氏とLINEをしていて、盛り上がってきたと思ったら急に返事が遅くなり、なんとなくがっかりした経験を持つ女性も多いのではないでしょうか。実は大半の女性がLINEを好きなのとは対照的に、大部分の男性はLINEが苦手だと言われています。

では、なぜ男性はLINEが苦手なのでしょうか。男性の心理を分かりやすく解説していきます。
雑談LINEとは、つまり中身がなくお互いにだらだら内容を送るLINEのことを言います。残念ながら、多くの男性はそのように中身がなく終わりが見えないLINEが苦手なのです。

彼女のためだと思って付き合っていても、次第に面倒になってしまうこともあるでしょう。だから、女性にとっては良いタイミングなのにLINEを切ってしまうことが多々あるのです。
メールであれば雑談をしても苦にならないのに、LINEの場合は苦痛に感じるという男性もいます。このタイプの男性は、LINEの既読機能が苦手だと言われています。自分が読んだことが相手に分かると、早く返事をしなければならないというプレッシャーを感じてしまうのです。

同様に、相手の既読を気にしてしまう自分が嫌だという男性もいます。こういう男性と雑談をしたいのなら、メールなど他のメッセージツールを使うと良いかもしれません。
女性にとっては手のひらサイズで扱いやすいスマホですが、女性よりも手の大きい男性にとっては操作しづらいと感じることもあります。そのため、LINEをしているだけで手が疲れてしまい、LINEに消極的になる男性もいます。

手だけではなく、ドライアイで目が痛くなってしまったり、首が凝ってしまったりしてLINEが苦手な人もいるでしょう。健康を害することは無理強いしない方が良いですよね。
LINEが苦手な男性は多いですが、それ以外でコミュニケーションがとれるのなら問題はありません。「文字のやりとりが嫌なら、たまにはがっつり通話したい!」のように、お互いに負担にならずに自分が満足できるポイントを定めて、相手と楽しく付き合っていきましょう。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事