2021.09.21

気づいてるけど...?彼に惚れて夢中になっていることが「即バレする言動」とは?

自分でも彼への気持ちを自覚したばかりで、まだ告白や周囲への相談はせずに隠しておきたいこともあるでしょう。しかしながら、隠せてると思っているのは自分だけというケースは少なくありません。

自分ではしっかり隠しているつもりなのに、周りや本人には既に気持ちがバレてしまっているケースもあるのです。では、どういう言動から彼に惚れて夢中になってしまっていることがバレてしまうのでしょうか。
誰でも好きな人のことは無意識に目で追ってしまいがちです。そのため、あなたの視線で周りに気持ちがバレてしまうことは多いでしょう。

視線というのは、意外と周りにバレるものです。「あの人いっつもぼーっとしてるよね」という印象から好きな人がバレることもあれば「あの人、いつも俺のこと見てない?」と本人にバレて周りに広まることもあります。

好きな気持ちを自覚した頃には、既に目で追うことが癖になっていて手遅れというケースもあるので覚えておいてください。
好きな人のことに関してだけ記憶力が良くなるという人もいるでしょう。しかし、当然ながらそれも気持ちがバレる一因となります。

他の男性のことは何度言われても下の名前すら覚えられないのに、好きな男性のことだけ会話の中で何気なく話した子どもの頃の思い出などを覚えていたら、明らかにバレるでしょう。

好きな人のことにだけ記憶力が良くなる人は、意図的に覚えていないフリをするのも有効ですよ。
誰かから雑用を頼まれると「面倒だなぁ」と憂鬱になるのは当然のことです。それなのに、彼から頼まれた時だけ「話しかけられた!」と喜んで嬉しそうに雑用をやっていては周りにバレてしまいます。

そういう態度からバレないようにするには、彼からの雑用にも面倒くさそうな演技をするか、誰から頼まれた雑用であっても笑顔でやる癖をつけなければなりません。
自分では隠せてると思っていても、意外と周りはあなたのことを見ているので気持ちがバレてしまうことも少なくはありません。

彼に気持ちがバレたくないなら、意図的に彼に冷たく接するくらいを意識してみてくださいね。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事