2021.09.07

ケンカは多いけどお似合い?!4つ項目でわかる【彼との相性診断】

彼とケンカが多いと、つい「私たちって相性が悪いのかな…」と考えてしまいますよね。

確かに「ケンカが多い=相性が悪い」というケースもありますが、そうでもないカップルも少なくありません。

あなたはどちらのタイプでしょうか?
ここで彼との相性を確認してみてください。
ケンカになったとき彼としっかり話し合いができているなら、相性は悪くありません。

意見が異なったときや問題が起きたとき、彼も「今の状況をよくしたい」「相手を理解したい」と思っているはずです。

だとしたら、ケンカを前向きに捉えていると言えますから問題ないでしょう。
ただそこでどちらか片方が逃げているようなら、相性はよくないかもしれません。
度々ケンカになるとしても、同じことでケンカになっていないなら相性はよいでしょう。
なぜなら、ケンカによってお互いが成長していると言えるから。

関係が長くなればなるほど、徐々にケンカも減っていくはずです。
一方「いつも同じことでケンカになる」という場合は要注意ですね。

どちらも自分の意見を曲げない上に「相手を理解しよう」という思いも欠如していますから、残念ながら長続きはしません。
「毎回私が折れている」など、謝るのが片方だけになっている場合は、決して相性がよいとは言えないでしょう。

折れる側はいつも不満を抱えたままですから、いつしか限界が訪れます。
好きな気持ちが大きいときは、そうした不満も我慢できるもの。

ですが、ケンカが多くなって気持ちが薄れてきたとき、その不満は爆発するはずです。
ケンカになったとき素直な気持ちを伝えられているなら、相性は悪くありません。
相手に抱えた不満や、自分の中にある不安をしっかりと相手に伝えられている状態。

「ありのままの自分を見せられている」と言えますから、むしろ相性はよいです。

ただ、そこで強がってしまったり相手を否定したりしかできないなら、あまり相性はよくありませんね。

そうした人は自分を守ることで精一杯。
きっと相手のことも、心から信頼しているわけではないでしょう。


ケンカが多いと相性が悪いと思ってしまいがちですが、決してそうとは限りません。

これらがクリアできているなら彼との相性は悪くありませんから、自信を持ってくださいね!

(ハウコレ編集部)

関連記事