2021.09.22

両想いじゃないの...?はっきりしない「男性心理」を解説します!

男性と話していて、明らかに両想いの雰囲気があるのにいつまでも告白されないと不安になりますよね。自分の勘違いかもしれないと思うこともあるでしょうし、遊ばれているだけだと思うかもしれません。

また、自分から告白した方が良いのか悩む人もいるでしょう。では、なぜそんな風に明らかに両想いなのに告白してくれない男性がいるのでしょうか。

はっきりしなくて気になる男性心理を解説していきます。
男性の中には、自分から告白したら負けだと考える男性もいます。すなわち、付き合ってから自分が有利な立場でいたい、あるいは「告白された」というステータスがほしいから、女性に告白してほしいのです。

こういう男性は恋愛をゲームのように考え、彼女ができるよりも彼女を作る過程を重視します。そのため、仮に恋のチャンスを逃しても良いから、とにかく自分からは告白せずに相手から告白させようとするのです。
告白したい気持ちはあっても、今までそんなに恋愛経験を積んでいない男性は告白の方法が分からないということもあります。

今まで彼女がいたことはあっても、全て女性から告白されていると、どう告白するのが正解なのか分からないのでしょう。

そのため、雰囲気の良いデートスポットや女性が喜ぶ告白方法を調べすぎて、なかなか告白ができなくなってしまうのです。
両想いのように見えても、相手が一途とは限りません。実は男性にはキープしている女性がいて、その女性とあなたの比較をしている可能性があります。

あなたが誘っても頻繁に断ったり、なんとなく他の女性の影がある男性は、このようにキープ女性がいる可能性があるので注意してください。
明らかに両想いなのになぜか告白してくれない男性は、非常にウブな性格をしているか、女慣れしているかのどちらかです。

男性がどういうつもりで告白してくれないのか、いっそあなたから積極的に動いて男性の真意を確かめてしまうのもアリかもしれませんよ。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事