2021.09.22

あとは告白待ち?男性に伝わるLINEでの【好きサイン♡】の出し方とは?

せっかく男性にアプローチをするのなら、伝わらなければ意味がありません。勇気を出して好きサインを出しても、相手に伝わらないと独り相撲で終わってしまうでしょう。

逆に、たった一度の好きサインでもしっかり相手に伝われば、あとは待っているだけで相手から告白してもらえることもあります。

では、どういう好きサインなら男性にも伝わりやすいのでしょうか。鈍い男性にも伝わる、使いやすい好きサインの出し方を覚えておきましょう。
あからさまに好きだと言わずに自分の気持ちをアピールしたいなら、男性の話をたくさん聞きたがる姿勢をLINEで見せましょう。

男性のちょっとした話にしっかり食いついて、深堀していくことが大切です。女性には分からない話題でも、しっかり調べながら聞くことで男性にも好きサインが伝わるでしょう。好きな気持ちをアピールするだけではなく、男性からの好感度も同時に上げることができます。
ちょっと鈍い男性には、LINEでデートに誘うことで好きサインを出してみるのも良いのではないでしょうか。

ここで大切なのは、敢えて「デート」という言葉を使うこと。「〇〇に行こう」ではなく「〇〇でデートしよう」と誘うのです。そうすることで相手にも気持ちが伝わり、なんらかのアクションをもらえるに違いありません。
LINEは文字でのやりとりなので、どうしても自分の気持ちが伝わりづらいという欠点があります。

そういう時は、勇気を出して通話に誘ってみましょう。お互いにテンポ良くラリーができている時こそ、LINE通話に誘ってしっかり気持ちを伝えるチャンスです。

文字だけより気持ちが伝わりやすいので、通話にしてからデートに誘うのもアリかもしれませんよ。
気になる男性がいる時、その男性からのアクションを待っているだけではなかなか進展しません。

自分で積極的に進展させたいなら、先に自分から好きサインを出しましょう。自分からアピールすることで恋を始めるのも素敵ですよ。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事