2021.09.26

ちょっと待ってて...彼が結婚に【二の足を踏んでしまう】3つの理由って?

長い期間付き合っていると、必ずと言っていいほど頭をよぎるのは「結婚」の2文字。お互い結婚したいタイミングが合えばいいのですが、なかなかそうはいかず、結婚をテーマに喧嘩してしまうカップルもいます。

どうしてこんなに一緒にいるのに、結婚してくれないの?と、疑問に思ってしまいますよね。
どうして男性が結婚に二の足を踏んでしまうのか、3つの理由に迫ります。
女性にとっても結婚は覚悟を決めることですが、男性の場合、1人の女性を人生かけて養っていかなければならない使命感があります。

「私、結婚しても仕事続けるから大丈夫だよ」と言っても、「俺が楽させてあげたい」と思っているのです。

そのため、まだ経済的に安定していないと男性が感じたり、もっとしっかりしてから結婚したいと思うと、結婚への覚悟も決まらず、好きだけど今すぐ結婚できない気持ちになります。
男性は基本的に1人の時間を好む生き物で、どんなに好きな女性がいたとしても自分の時間はとても大切。

趣味にあてる時間を確保したい、結婚したら自分の時間が少なくなるなど、結婚=自分の好きなことができなくなる考えでは、結婚を意識するのは難しいでしょう。

付き合っているときから1人の時間を大切にしたがる男性は、結婚しても1人の時間があることがはっきりしないと、覚悟を決めないことも...。
すでに彼の友達が結婚している場合、彼の友達が結婚生活に幸せを感じている場合、彼も結婚へのイメージが良いでしょう。

しかし、彼の床だちが「結婚なんてしない方がいいよ」なんて、結婚に対してマイナスな考えを持っていると、結婚はしなくていいかなと思っていることもあります。

彼が結婚に対してどう思っているのか、彼の友達の様子を聞いてみるのもアリ。
友達夫婦のようなことにならないように、さりげなく彼にリサーチしてみると、どんなことが結婚の足かせになっているのか、見えてきます。
男性が結婚に対して前向きになれないのは、使命感の強さや周りから聞いた「結婚」へのイメージがほとんど。
決して、彼女のことが嫌いで結婚に踏み切らないわけではありません。

使命感が強い男性は、結婚してからも幸せにしてあげたい気持ちが強く、結婚後も幸せな時間が待っています。
安易に勢いで結婚せずに二の足を踏む彼は、結婚に対してまじめに向き合っている証拠。

「どうして結婚してくれないの?」と責め立てるよりも、「何か気になることあるの?」と優しく聞くと、本音を話してくれることでしょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事