2021.09.28

一緒にいてどう思う...?「相性がよくないカップル」の特徴3選

付き合っている本人たちの認識ももちろんですが、周りから見ても相性がよくないカップルがいます。

どうしてそんなに仲が悪いの?と、不思議になってしまうくらい合わないな......と感じるカップルがいるのも事実。

「私たちって、相性がよくないのかな?」と不安になったりすることもあるでしょう。
そのようなときにチェックしたい、相性がよくないカップルの特徴について迫ります。
金銭感覚が同じであることは、相性がいいカップルには絶対条件。
カップルとしてデートをしたり、結婚した後の生活でも、金銭感覚はとても重要なポイントになってきます。

実際に一緒になっても、金銭感覚が合わず別れてしまうカップルや夫婦も少なくありません。

特にギャンブルに浪費してしまうなど、生活に直結しないものがあればあるほど、金銭感覚のずれを感じてしまうでしょう。

相手の短所なら、「これくらいなら仕方がないか」と、妥協できるところがあるかもしれませんが、金銭感覚については妥協できないことが多いです。
我慢ばかりして、言いたいことや本心を伝えられない場合、相性が悪いカップルと言えるでしょう。

例えば、デート中に相手の顔色ばかり伺ってしまって、自分が食べたいものややりたいことを伝えられなかったり......。
これは相性が良いとは言えません。

むしろ、気持ちが窮屈になって、早く帰りたいと思ってしまうことでしょう。

何かにつけて我慢ばかりしている場合、2人の相性はよくないと言っても言い過ぎではありません。

恋人関係ではなく、友達関係に置き換えるとよくわかりますが、自分が言いたいことやしたいことを言えないのは、ストレスになってしまいますよね。
彼に浮気をされたり、ちょっとしたすれ違いが原因で、彼のことが信じられないと感じたことはありませんか?

相手に対して信用がなくなってしまうのは、恋愛関係としては終わりを迎える可能性が非常に高いと言えます。

彼の浮気を疑ってしまったり、行動そのものが信じられなくなったりしたら、相性がよくないカップルへ一直線でしょう。
信用はこれから一緒にいる中で、とても大切になってくる部分です。
相性が良くないカップルは、小さなすれ違いが大きなひずみに変化することがほとんど。
1つ違和感を感じると、また1つ、またひとつと違和感を感じ始めてしまいます。

1度相性がよくない、違和感があると思うと、どんどん彼と一緒にいることが辛くなってしまうことも。

「私たちって相性が良くないのかな?」と思ったら、相性がよくないカップルの特徴をチェックして、当てはまるところがないか振り返ってみませんか?

(ハウコレ編集部)

関連記事