2021.09.29

本当はプロポーズしたい♡なかなか踏み切れない「男性の本音」って?

付き合っている期間が長くなると、「結婚」の2文字が頭によぎりますよね。2人で一緒にいる時間もあるのに、なぜか結婚の話が出ないと、「この人と一緒にいて大丈夫なのかな?」と、不安になってしまうことでしょう。

男性もプロポーズしたいけど、踏み切れない理由があるようです。
どのような理由があるのか、一緒に見ていきましょう。
女性にとっても男性にとっても、結婚はお互いに対して責任が生じる行為です。
付き合っているときのように、一緒にいて楽しいことだけではなく、お互いの親族の関係で振り回されてしまうこともあります。

責任が多方面にかかる現実を見たときに、「俺は大丈夫なんだろうか」と、結婚に対してしりごみしてしまうことも。

彼が結婚に対して重く考えているようであれば、「1人で背負わなくていいよ」と、声をかけてあげるとよいでしょう。
恋人時代に、「ちょっとくらいならいいか」と、浮気をしてしまった経験がある場合、男性は浮気をされた過去を引きずっている可能性もあります。

「この人は結婚して浮気をしないだろうか」「浮気をしたら大変だろうな」と、マイナスなイメージを持っていることも。

過去に浮気をされたことを、重く受け止めているため、彼との時間を作ったり、一緒にいるときはスマホを触らないなど、不安を取り除くことで結婚に踏み切ってくれる可能性があがります。
「男は顔で選ぶ」と言いますが、あくまでそれは恋人を探すとき。結婚となるとそうはいきません。

生活の大部分を一緒にいる人なので、性格がきつい女性だと、心が休まる気がしない......と、結婚に二の足を踏んでしまうケースがあります。

結婚するときには既に付き合っているわけですから、見た目はほとんど関係していないといっても言い過ぎではないでしょう。

男性が結婚相手に求める条件として、
・心が休まる
・自分のことを理解してくれる
・失敗しても受け止めてくれる

これらを重要視しています。
ゆっくり話すだけでも印象が優しくなるので、話すスピードを意識するのもおすすめです。
どうして彼は結婚してくれないんだろう......と不安になって、時には喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。

しかし、結婚に対してマイナスなイメージが増えてくると、彼はいつまでたってもプロポーズしてくれません。

もし彼が不安に感じていることがあれば、不安をなくしてあげることがプロポーズへの最短距離。

1歩引いて彼を見て、どんな気持ちなのかそっと見守る時間を作ってみませんか?

(ハウコレ編集部)

関連記事