2021.10.03

デメリットしかない!「付き合うとヤバい男性」の特徴とは

平和で幸せな恋愛・結婚をするためには、「見極め」が肝心といっても過言ではありません。しかし、一癖も二癖もある人ほど隠すのが上手な傾向にありませんか。結婚してから態度が急変、なんてことも珍しくないでしょう。自分にとって全くプラスにならないヤバい男性は、意外とあちこちにいるものです。痛い目にあわないためにも、ちょっとした違和感を絶対にスルーしないことをおすすめします。
感情の起伏は誰にでもあるもの。感情が豊かなのは、一種の長所といっても過言ではありません。しかし、感情の起伏が激しすぎて、常に情緒不安定・ヒステリックな傾向にある人っていませんか。感情のコントロールが全くできない人と一緒にいても、不幸になるだけです。結婚した場合、顔色を常に伺い、相手を不機嫌にさせない生活がメインとなるでしょう。
「ご褒美」という名の浪費が多い人は、間違いなくお金にルーズでしょう。「ギャンブルをしない」「借金がない」というだけで、浪費癖がないとはいいきれません。貯金が全くなく、あるだけ使ってしまうという人も数多く存在します。金銭感覚の違いは、今後の生活だけではなく二人の関係や子供にまで影響を与えます。お金の使い方に少しでも違和感を感じたら、離れるのをおすすめします。
超ネガティブ思考の男性と付き合う・結婚するのはおすすめしません。「メンタルが弱い男性と付き合っていくうちに、うつ病になってしまった」という人は意外に多いもの。彼のネガティブが、感染症のようにうつる可能性があります。一度ポキッと折れてしまった心は回復するのに時間がかか
るでしょう。その間に大切な何かを失うこととなるかもしれません。
目標が何もないのは、向上心に欠けているという言葉だけでは済まされません。守るものがあまりない、ということでもあります。ただ漠然と生きてる、に近いでしょう。仕事に精を出すわけでもなく、目標をもって生きているわけでもないので、転職を繰り返し楽なほうに逃げる傾向が強いでしょう。結婚となれば、一生不安定な生活を強いられるかもしれません。
貴重な時間を奪う厄介な男性と深い関係にならないためには、ちょっとした違和感に気付く必要があります。どんなに猫を被っていても、どこかで必ずボロが出るでしょう。いい人そうな仮面を被ったヤバい男性に騙されないよう、行動と言動に注目してみてください。

(ハウコレ編集部)

関連記事