2021.10.10

別れの危機が潜んでいる!ラブラブだけど「長続きしないカップル」とは

ラブラブでいつでもどこでもイチャイチャしているカップルは、周りの人からも「あの人たちって仲良しだよね」と言われる機会も多いでしょう。

しかし、実際は意外なことにそういうカップルでもすぐに別れてしまうこともあります。ラブラブなのに意外と長続きしないカップルはどのような特徴を持っているのでしょうか。自分たちもそのようなカップルにならないように特徴をチェックしてみましょう。
相手のことが好きでラブラブしているのなら問題ありませんが、中には「周りに対して、自分はラブラブカップルだと見せつけるのが好き」という理由でラブラブしているカップルもいます。

そのようなマウンティング目的でラブラブしているカップルは、次第に相手のことが本当に好きなのか分からなくなってしまい別れてしまうでしょう。無理なラブラブは別れの原因になりかねないので危険です。
「こういう風に付き合いたい」や「男性なら、女性ならこうすべき!」のようにどちらかのこだわりが強すぎると、少しでも理想と違った時に喧嘩になってしまいすぐに別れる恐れがあります。

こだわりに合っている時はラブラブでも、少し違った時にすぐに心が冷めてしまう恐れもあるでしょう。恋愛に限らず、夢見がちな人は妥協することも覚えなければなりません。
嫉妬は恋愛のスパイスになります。相手が嫉妬してくれると愛されている実感を得られるでしょう。しかし、そのためにわざと相手に嫉妬させるような行動は厳禁です。

嫉妬をされる自分は気持ち良くても、相手は嫌な気持ちを抱えてしまい、心が冷める原因になるでしょう。嫉妬に限らず、ドラマチックな恋ばかりを追い求めないように注意してください。
周りも認めるラブラブなカップルだからといって、長続きするカップルになれるとは限りません。

長続きするかどうかは、ラブラブ度ではなくお互いの思いやりにかかっています。ラブラブ度にこだわりすぎず、お互いに大切にできる素敵なカップルを目指しましょう。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事