2021.10.13

なかなか甘えられない!「甘え下手な人」の甘え方の特徴とは?

甘え下手な人は、甘えたほうが可愛いと思われる、甘えたほうが恋愛が上手くいくというのを自分でもうすうす気づいています。
しかし、甘えようと思ってもなかなかできない、自分では甘えているつもりなのに相手に気付いてもらえないということもあるでしょう。

そこで今回は、甘え下手な人の甘え方の特徴について紹介したいと思います。
甘え下手な人は、甘えることにまず慣れていません。
そのため、甘えることが恥ずかしいことになっています。甘えてみようと思ったところで、恥ずかしがりすぎるためそっけない雰囲気になったり、何がしたいか分からない状態になったりしやすいのです。

恥ずかしがりすぎると、可愛いを通りこして「意味が分からない」と思われることもあるでしょう。恥じらいを持つのは大事ですが、恥ずかしがりすぎる状態にならないように注意しましょう。
本当は素直になって可愛く甘えたいのに強がってしまって素直になれません。
そのため、甘えたとしてもサッと現実に戻っていつもの自分を演じてしまうのです。

素直になれないことから相手にも「可愛くないな......」と思われてしまうことがあるでしょう。自分なりに精一杯甘えていたとしても素直じゃないので相手に伝わらないのです。
甘えるときに「〇〇して?」とストレートに言えません。「よかったら〇〇して?ごめんね?」と相手に迷惑にならないことばかりを考えてしまって、つい謝ってしまうところがあるでしょう。

相手からすると「謝ることじゃないのに」「そんなに頼りないのかな?」と思ってしまいます。気をつかうことはできるのですが、甘えることがちゃんとできないのが甘え下手な人の甘え方ですね。
要するに自分から甘えることができません。相手が甘えてくれたら自分も少し甘えるなどのように、いつも相手から動くのを待ってしまうところがあります。

相手から動くのを待っていると、場合によっては、その日は全く甘えられなかったということにもなりますね。
甘えに関しては他力本願になるのが甘え下手な人の特徴です。
甘え下手な人は、一度思い切って甘えることができたら気持ちがとてもラクになれるでしょう。
甘えたいと思える相手に出会ったら素直に甘えてみてくださいね。(みいな/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事