2021.10.16

【この優しさは逆効果!】これをしていたらすぐにやめよう!

気になる男性にアプローチしようとしたら、まずは優しさをアピールするのではないでしょうか?

もちろん優しさをアプローチするのも効果的ですが、女性にとっての優しさが、男性に響いていないこともあるのです。
「そんなことってあるの?」と、驚いてしまいますよね。

せっかくアプローチするなら、男性の心に響くアプローチがしたいですよね。

そのために、男性に響かない女性の優しさをチェックしていきましょう。
最近元気がないな、痩せてるけどご飯食べてないのかな?と、気になる男性は何かと目にはいってしまうもの。
小さなことに気が付きやすい女性は、特に男性の変化に気が付きます。

「最近体調悪かったりしない?」など、体調の心配をしても、男性はそこまで心に響いていないことがほとんど。

たわいもない会話の一部と捉えられてしまい、心配しすぎるとまるで母親のようだと思われ、恋人候補から脱落してしまうこともあります。
片想いの時に、覚悟を決めて男性の家に遊びに行ったりする大人の恋愛もあるでしょう。
男性の部屋は、洗い物がそのままになっていたり、洗濯物が溜まっているなど、ちょっとだらしない部分がちらほら見えがち。

「これくらいなら私が片付ける!」と張り切るのはNG。体調の心配をするのと同じで、母親のように見えてしまうリスクが高いです。

最悪の場合は、男性から都合よく扱われてしまい、家政婦のように接してしまうケースもあります。
女性にとってはアプローチのつもりでも、逆効果になる可能性が高いです。
一緒に食事に行ったとき、「ちょっと金欠で…」と言われると、つい「私が出すよ!」なんて言っていませんか?
優しさのつもりでも、女性にお金がないアピールをする男性はプライドのかけらもありません。

男性は女性の財布をあてにしているのに、ごちそうするのを優しさと思う女性。
意識の違いから、どんなに頑張っても男性にとってかけがえのない存在になることは難しい可能性が高いです。

もし男性と食事に行っても、最低でも割り勘で楽しめる間柄で押さえておきましょう。
必死に頑張っているつもりでも、男性にとっては全く響いていない優しさはとても多いです。
女性目線での優しさと、男性目線での優しさに、差があればあるほどいい方向に向かいません。

「私、気になる人にやってた!」と驚愕の事実を目の当たりにした方もいるのではないでしょうか?

ここで気が付けたならまだ大丈夫!ぜひ今から男性にとって、お母さんではなく、恋人として意識してもらえるように、アピールしていきましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事