2021.09.26

好きなんだけどな...別れが想像できてしまうカップルとは


お互いに好きになって付き合い始めたのに、うまくいかないカップルもいるものです。
男女は、付き合ってみてから最初にイメージしていた人とは違うと感じたら別れを予感します。

そこで今回は、好きな気持ちはありながら別れが想像できてしまうカップルについて解説します。
付き合い始めたカップルは、他のことを後回しにしてでも会いたくなるものです。
しかし、時間が経つにつれて相手と会うよりも自分の好きなことを優先する人もいます。

それがお互いに当てはまると、会う回数も少なくなるでしょう。
それぞれに別のことを楽しむようになると、カップルの関係は壊れやすくなるのです。
好きな人と一緒にいる時間は楽しくて自然に笑顔になりますよね。
もしデート中にお互いに笑顔を見せなくなると、楽しい時間ではなくなるはず。

楽しくないのに惰性で一緒にいるとしたら、関係が長続きしなくなります。
そうなると「もう別れたほうがいいかも」と考えるようになるでしょう。
好きな人とは、相手のことが気になって質問をしたり自分の話を聞いてもらいたくなったりします。
そのため、一緒にいると自然に会話も弾むでしょう。

ですが、お互いに言いたいことがなくなってくると会話も少なくなります。
二人でいるときの沈黙が苦になってきたら、別れを決断することも免れません。
付き合いが長いカップルは、二人の将来を考えることが増えてきます。
しかし、一緒に暮らしている未来が見えてこないカップルもいるかもしれません。

本当に好きなら、ずっと一緒にいたくなるのが自然なことです。
もし、今は楽しいけどずっと一緒にいることは想像できないのなら、別れることも視野に入れたほうがよいでしょう。


カップルが別れを想像するのは、お互いを必要と思わなくなったことが原因と思われます。
ずっと長く付き合っていくには、価値観を認め合って相手と向き合える関係でなければなりません。

好きな彼と「もうダメかも?」と思ったら、今回の内容に当てはまるところはないかチェックしてみてください。

関連記事