2021.10.21

【男女の友情ってアリ?】男性が「ありえない」と考える理由とは

中には男女の友情は成り立つと思っている方もいるかもしれませんが、仲のいい男性がそれはありえないと考えているとちょっぴり気になりますよね。

やはり男女である以上は、いくら「ただの友達だから」「恋愛感情はないから」と公言していてもその関係が続くとは限りません。

もしあなたと仲のいい男性が男女の友情はありえないと考えていた場合、その理由をしっかりと把握したいものです。

そこでこの記事では、男性が「男女の友情はありえない」と考える理由についてご紹介いたします。
いくら仲のいい女友達だったとしても、男性は自分のタイプの女性との男女の友情はありえないと考えています。

これは当然のことですが、自分のタイプの女性が目の前にいる場合はどうしても異性として意識していますので、自然と恋愛感情が生まれます。

これは女性でも同じことで、あなたと仲のいい男友達がもし自分のタイプだった場合は、男女の友情は成り立たないと感じることでしょう。
男性が男女の友情はありえないと考える理由は、やはり二人だけで遊んでいるときにいつもとは違うギャップを見た瞬間です。

たとえば、「普段見せないような笑顔をしたとき」や「女性らしいフローラルな香りがしたとき」など、普段見せない仕草や表情を見た瞬間に男女の友情は成り立たないと感じます。

男性からしてみれば、「こんなかわいい一面があるんだ」「魅力的だな」と思わずドキッとしますので、女友達ではなく恋愛対象として意識します。
男性が男女の友情はありえないと考える理由として、居酒屋やバーなどで二人で飲んでいる瞬間に女性が見せる色気を感じたときも挙げられます。

いくら仲のいい女友達だったとしても、お酒を飲んで酔っているときに見せるトロンっとした目や仕草にドキッとします。

こうした女性らしい色気を感じてしまうと、その瞬間から男性はあなたを見る目がただの女友達から恋愛対象へと変わります。
男性は少なからず女性を異性として元から意識していますので、ちょっとしたキッカケで恋愛感情が生まれると思っています。

いくら仲のいい女友達だったとしても、はじめから異性として意識していると徐々に「彼女だったらもっと楽しいのかな?」など、様々なことを考えます。

こうした状況が続くと友情から好意に変化しますので、どうしてもあなたのことを恋愛対象として見てしまいます。
男性が男女の友情はありえないと考える理由は、やはり女性のちょっとした仕草や表情などから魅力や色気を感じているからです。

二人で遊んだり飲みに行ってお酒が入ると、どうしても変な雰囲気になってスイッチが入りますので、女友達のことを友情だけの関係で満足できなくなるのでしょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事