2021.09.29

「え?なんだろう?」男がつい読みたくなる【LINEの冒頭文】とは?


好きな男性にLINEを送るのは、勇気がいるものですよね。

「未読でスルーされたらどうしよう…」と考えて、送れない女性もいるのではないでしょうか?

それなら、LINEの冒頭文を工夫してみるとよいかもしれません。
男性がつい読みたくなる冒頭文にすれば、未読スルーされずに済みますよ。
彼に「実は〇〇くんに相談があって…」といったLINEを送れば、読んでもらえる可能性大!

この冒頭文を読んだだけでも、男性は頼られていると感じるためつい読んでしまいます。
「〇〇くんだから言うけど…」といったように、秘密を打ち明けるLINEでもOK。

男性を頼っている雰囲気を出して、全文を読んでもらいましょう。
「前々から考えてはいたんだけど…」といった冒頭もよいですね!

数日間悩んだ末に送ったということが伝わるため、男性も重要性を感じてLINEを読むはずです。

ただ、頻繁に使っていれば「LINEを読ませるために言ってる」と勘付かれてしまいます。
なので、どうしても読んでもらいたいときだけ活用するようにしてください。
「これ知ってた?」というのも、男性がつい読みたくなる冒頭文。
「なんのことだろう?」と思って、時間がなくても読もうとするでしょう。

たとえば、街中で男性の好きなものを見つけたら、それを写真に収め送るのもよいですね!
写真を後から送れば、男性側には写真が送られてきた旨だけ表示されます。

その写真がなにか気になって、LINEを読む男性も多いです。
男性と冗談が通じるほど仲良しなのであれば、冒頭文に「重要!」と入れるのもアリ。

「見てほしい」「返事がほしい」といった思いが伝わるため、すぐ読んでもらえるでしょう。

ただし、そこまで仲が深くない上に、内容が浅い場合は「やり方が汚い」「大したことないじゃん」と思われかねません。

中には「かまってちゃんだな」と思って嫌がる男性もいます。
冗談が言える仲ではないなら他の冒頭文を活用してくださいね。


このような冒頭文を用いれば、男性にLINEを読んでもらえるでしょう。

すぐに読んでほしいLINEを送る場合、あるいは度々未読スルーされて困っている場合は、試す価値アリですよ。

関連記事