2021.10.01

付き合わないほうがいいかも?距離を置くべきママ友とは

旦那との結婚生活が始まると、ママ友との付き合いが始まることも多いでしょう。
相手がいい人なら問題ありませんが、必ずしもそうとは限りません。

もしかしたら、性格の悪いママ友と出会うこともあるかもしれませんよ。
今回はできるだけ距離を置くべき、ママ友の特徴をご紹介します。
ママ友との間で、子育ての話題になることもあるでしょう。
お互いに共感し合えるだけの仲ならいいですが、人によってはあなたの子育てにダメ出しをしてくることもあります。

そんなママ友と関わっていると、傷つくだけではなく、ケンカになってしまうかもしれません。
どうしても付き合う必要があるなら、真に受けずに聞き流すことが大切です。

自分の育て方に、自信をなくす必要は一切ありませんよ。
よくママ友のなかに「ここだけの話なんだけどね?」というフレーズを使ってくる人もいます。
もしそんなことをいってくる人がいたら、あまり仲良くしないほうがいいでしょう。

なぜなら、その内容には嘘が含まれている可能性もあるからです。
場合によってはトラブルの種になることもあるので、気をつけてくださいね。
ママ友と会うたびに、誰かの悪口を聞かされてしまうこともあるでしょう。
あなた自身がその人の悪口をいってなかったとしても、その場で聞いているだけで周りから同じ人間だと思われてしまう可能性があります。

つまり、あなたの印象も悪くなるかもしれません。
悪口をよく言うママ友がいたら、できるだけ一緒にいないことが重要です。
世の中には自分のことしか考えていない女性も、たくさんいます。
そんなママ友と関わってしまうと、人の話を永遠に聞かされることになるでしょう。

ママ友のどうでもいい話ほど、聞いていて時間の無駄なことはありませんよね。
一方的に話をしてくるだけのママ友がいたら、あなたも距離を置くようにしてみてくださいね。


いかがでしょうか?
この4つのポイントに当てはまるママ友とは、あなたも関わらないことが大事です。

気持ちよくコミュニケーションをとれるママ友だけと、付き合うようにしましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事