2021.10.25

「いなくなって気づいた」元カレとよりを戻すための改善策とは?

大切な人ほど側にいるときには、その大切さに気づかず、居なくなってから側にいてほしかったと悩むものです。
大好きな人と自分にとって元カレが一番と思ったときには側におらず、どうしたらいいか迷います。

今回は、やり直すために自分自身がどう改善するべきなのかお伝えします。
別れを選んだのであれば、何か欠点があったことが考えられます。
まずは、一度自分の何が悪かったのか考えることが重要です。
自分自身は何も悪くなかったと、感じることであってもよくよく考えてみると見つかるのが原因です。

別れの原因が片方にあるということは少なく、双方ともに何かしらの原因があります。
一番改善する方法として、まずは自分自身のことから考えるといいと言えます。
別れに導いてしまった原因を考えた上で、彼は一体何を求めていたのかを考えます。
彼の求めていたものを理解することにより、今後の改善点につながるからです。

もちろん、何を求めているのか理解できないということもありますし、なんと言ってもはなから理解できていれば別れにつながることも少ないのです。
彼はどうしてほしかったのだろうか?と彼の気持ちを考えることが何よりも今後の改善策と言えるはずです。
自分の中身を磨くことはかなり重要なことと言えます。
見た目を磨くことも大事なのですが、中身を磨くというのは恋愛においても、人との関係であっても必要なことなのです。

中身というのは、磨くことにより異性だけではなく同性にも好かれますし、人としてきちんとした女性になれます。
相手のことを考え思いやる気持ちを理解したり、自分よりも相手の気持ちを尊重することが大事と言えるのです。
優しい女性は、どの場面に対しても幸せになれる女性と言えます。
男性にとって女性の優しさというのは、好きになる相手の第一条件とも言えます。
優しい女性でありたいと考えるのは、モテ子になるための必須条件であり、幸せになるためにも必要です。

もし、あのときに彼に優しくできたのならと後悔があるのであれば、今後改善することで考え方や未来は変わってきます。
恋愛というのは、何度も何度も後悔を繰り返しやっと得れるものなのかもしれないです。
大好きと思っていた相手が時間とともに嫌いや苦手となったり、逆により気持ちが大きくなることもあるのです。

一度の過ちで恋愛は終わったりしませんから安心して、自分自身を改善し彼の側にいくべきです。

(ハウコレ編集部)

関連記事