2021.10.25

甘いもの大好き!【スイーツ男子】と楽しくランチをする方法4つ

スイーツ男子って何?と思うかもしれませんが、男性だって甘いものが大好きな人がいます。
男性のイメージの中であまり食べないと思いがちですが、実はそうではないのです。

そんなスイーツ男子は、女性に甘いものが好きなことを告げる人もいれば恥ずかしくて言わない人もいます。
今回は、そんなスィーツ男子と楽しくランチをする方法をお伝えします。
やはり自分自身が甘いものが好きと言っている場合は、ランチも女性向けの場所に連れて行っても彼女と一緒だからと彼自身嬉しくなるものです。
彼女も彼と甘いものを食べれるのは、嬉しいと感じることです。

本人が甘いものが好きと伝えているのであれば、彼の好きなところに連れて行くのも、喜ばれるはずです。
男性の多くは、スィーツ男子なんですと自ら甘いものを好きなことを伝えていない人が多いものです。
これは男性のプライドなのか、はたまたイメージとして伝えるのが不安なのか様々です。
もちろん、実際にお付き合いをしてスイーツが好きなのかな?と女性が感じても何も悪いイメージがないのですが、男性はそうは捉えないのです。

スイーツ男子と伝えていない場合のランチ先は、デザートがつく場所のランチがおすすめです。
何も頼まなくてもスイーツがつくのであれば、彼の負担はないです。
ランチというと女性からすると軽いイメージであり、もしかしたら男性からしたらおやつ程度の量しかないかもしれないです。
それならば、ランチを食べた後に甘いものが食べたいと違うお店に足を運ぶのも良いかもしれないです。

彼女が言うのだからついて行こうと考える男性は多いですし、自らこうしたいと言ったわけではないので男性の負担はないです。
どちらにするか決まらない女性は多いもので、スイーツも同様のことです。
仮に彼がコーヒーだけなら自分自身が二つスイーツを頼み、彼と半分ずつするのがベストです。

甘いものが好きだけど食べ過ぎたら太るから少し食べてくれない?と告げれば男性負担はゼロです。
甘いものが好きだって良いと感じるのですが、男性はそうはいかないようです。
甘いものが食べたいなぁと思ってもやはり、自宅のみになりがちです。

それなら協力して彼女として彼と楽しく外でスイーツを食べるのも素敵ですし、彼女としての株もグッと上がりそうです。

(ハウコレ編集部)

関連記事