2021.10.14

文面だからこそ伝えやすく。彼とすれ違わないための【LINE】仕方4選!

 
彼氏とLINEのやり取りをすることが多いかと思いますが、やり取り自体に慣れが生じてしまうと、気持ちが伝わらずにすれ違いが起きてしまう可能性もあります。
 なかなか会えない日々が続くと余計にLINEの文面からの受け取り方次第で、徐々に気持ちにも変化が出てきてしまう場合もあるでしょう。
 そのようなことにならないためにも、LINEでどのような愛情表現をしていけばいいのでしょうか。
 今回はそんな文面だからこそ気持ちを込めて、彼とすれ違わないためのLINEでの愛情表現を4つご紹介していきます。
 
 文面と合わせてスタンプを送ることで、より気持ちが伝わりやすくなります。
 今ではさまざまなスタンプがありますので、より気持ちを伝えやすくなるはずです。
 言葉で「愛してる」などと言ったストレートな愛情表現だけよりも、ハートを飛ばしているようなスタンプと合わせてみるだけで相手の心に気持ちが染みていきます。
 視覚で文字だけよりも、こうしたカラフルなスタンプを活用すれば、気持ちが伝わりやすくなりますよ。
 
 LINEを送るときには適度な改行を入れて送るだけでも気持ちが伝わりやすくなります。
 言いたいことをただ打ち続けると、読みにくさが出てきてしまったり長文で読むのが面倒くさいと感じ、後回しにされてしまったりすることがあるのです。
 もうなると、伝えたい気持ちも伝わらずにすれ違ってしまったり、すぐに返事がほしいのに後回しにされて軽い返事がしばらく経ってから送られてきたとなれば、悲しくなってしまいますよね。
 適度に改行を入れるだけで、読みやすく心にも響くので愛情表現がしやすくなります。
 
 彼がわかっているつもりで言葉を省略してしまうことってありますよね。たとえば「昨日話したことなんだけど・・」とか「さっきの了解!」などあいまいにしてしまうとすれ違いの原因になります。

できる限り丁寧な文章を心がけていきましょう。
 そうするとちょっとしたことでのすれ違いを防ぐことができますし、気持ちを伝えやすくなっていきます。
 
 一度作成した文面をもう一度見直してみるというのもいいですね。
 「自分が相手の立場だったら・・」という気持ちで読み返してみることで、上手な愛情表現ができるようになっていきますよ。
 自分が受け取って嬉しいと感じられるLINEができれば、彼も喜ぶはずです。
 
いつもLINEのやり取りをしていると、手抜きになってしまったり気持ちを込めて文面を作れなかったりしてしまうこともあるかと思います。
 しかし、スタンプを活用していきながら丁寧に文面を作っていくことで愛情表現しやすくなります。
 ぜひ参考にしてみてくださいね。
(ハウコレ編集部)

関連記事