幸せ

2021.10.06

それは別れを早めてます。後々面倒になってしまうカップル間の約束事

カップルになると、2人の世界ができてとても幸せな時間を過ごせます。

とくに付き合い始めた頃には、初々しさも盛り上がる気持ちもあり、お互いに「こうしよう」「こういうカップルになろう」という、2人のルールを決めることもあると思います。

しかし、そのルールがだんだんと2人の関係を息苦しくさせてしまう可能性があることを知っておいてください。

今回は、注意したほうがいい2人の約束事についてまとめてみました。
毎日連絡するという約束は、お互いを苦しめてしまうのでやめたほうがいいです。

付き合い始めた頃は、連絡を取ることが楽しくて仕方がないです。
何かある度にLINEやメール、電話などで報告し合います。

しかし、だんだん付き合いが落ち着いてくると状況は変わるものです。
お互いそれぞれの生活がある中で「毎日」という約束を守り続けることは難しくなります。

しかし、どちらかが「毎日連絡する約束をしたのに」と不満に感じるようになると、2人の間にだんだんと溝ができてしまうでしょう。
カップルになると、お互いの生活が気になることもあると思います。

しかし「お互い会えないときは予定を伝え合う」というルールは作らないようにしましょう。

何かあるたびに予定を伝えなくてはいけないというプレッシャーになると、付き合うことに疲れてしまいます。

お互い自分の時間は必要です。
それぞれの時間を大切にすることで、2人の時間もまた大切にできるといいですね。
「やましいことがないのならスマホを見せることができる」という考えから、お互いのスマホを見せ合うカップルもいると思います。

しかし、大切な友人とのやり取りや、仕事上必要な連絡、家族に関する話題などで、自分の中だけにとどめておきたい物があることも当然でしょう。

スマホを見せられないという状況になったときに、浮気を疑われたりケンカの原因になる可能性が高くなります。

2人の関係を大切にしたいのなら、スマホを見せ合うという約束はしないほうがいいですね。

何か心配なことがあったときにスマホを見せてもらって確認することはあるかもしれません。
しかし前もって「お互いのスマホを見せ合う」と決めてしまうのは、やめておきたいルールです。
「デートのお金は7:3で彼氏が出す」
「2人で使ったお金はしっかりワリカン」

など、デート代の払い方をきちんと決めることは、しないほうがいいでしょう。

きちんとしたいからという理由があるのはもちろんですが、金銭的な問題はお互いの不満にもなりやすいので注意が必要です。

その約束事自体に不満を感じる場合もあります。
それぞれの経済状況の変化も起きる可能性も高いです。

さまざまな状況に柔軟に対応する必要があることは、あまりルールとしてしっかり決めず、状況に応じてその都度相談するほうがうまくいきますよ。



いかがでしたか?

カップルだからこそ、お互いのプライベートを大切にすることが、長く付き合っていく秘訣ではないでしょうか?

何かあったときには、約束事に縛られず、素直に伝え合って相談できる関係でいたいですね。


(ハウコレ編集部)

関連記事