2021.10.16

LINEが塩対応...なんで?その理由はこれかも!【塩対応の理由解説】

好きな人とLINEしていると、いつも塩対応をされてしまうという人はいませんか?

このような対応をされてしまうと、脈なしなのかもしれないと不安になってしまいますよね。

そこで今回は、好きな人のLINEが塩対応の場合は脈なしなのか、解説していきます。
好きな人がLINEでいつも塩対応という場合、やはり脈なしの可能性は高いです。

相手があなたのことを好きならば、あなたに嫌われないためにも真摯に対応しますよね。
むしろ好きになってもらいたい一心で、しつこいくらいに連絡してくることも多いです。

塩対応をするということは、相手にどのように思われても良いということです。
好かれなくても良いという心理があるということになりますし、場合によってはあなたのことを避けている可能性もあります。

このような対応をされるほど、好きな人との関係が悪いということは、これからそれが改善される可能性も低いです。
そのため、好きな人のことは諦めて、新しい恋を探すことも考えてみてください。
好きな人から塩対応をされる場合は脈なしの可能性が高いですが、脈ありという場合もあります。照れて塩対応をしていることもあるからです。

彼もあなたのことが好きなのですが、その気持ちをあなたには知られたくないと思っているのでしょう。また、カッコつけて、あえて無愛想に振る舞うこともあります。

このような場合はむしろ彼はあなたのことが大好きですので、徐々に関係を深めていけば付き合えるようになるでしょう。

塩対応をするからといって、必ずしも脈なしというわけではないため、特に照れ屋な男性が相手のときは注意しておいてください。
好きな人が塩対応をするときは、脈なしの場合もあれば、脈ありの場合もあります。これを見分けるためには、LINE以外の態度を確認しておいたほうがいいです。

脈なしの場合、会ったときや会話しているときなど、彼はあなたとまったく関わろうとしません。話しかけても、すぐに会話を終わらせるでしょう。

脈ありで照れ屋な男性も、同じような行動を取りますが、あなたのことを好きという気持ちはあるため、チラチラあなたを見てきます。そのため、なぜか目がよく合うでしょう。

このような態度で、あなたのことが本当に好きなのかどうかを見分けることができるため、普段の態度をしっかり観察しておいてください。
好きな人のLINEが塩対応の場合、やはり脈なしの可能性が高いです。

脈ありの場合もありますが、好きなのにそこまでの塩対応をする人は珍しいです。

脈なしの場合はこれ以上、彼に固執しても結果は変わらない可能性が高いため、彼のことは諦めて新しい出会いを探しましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事